FX

FXで絶対に知っておきたい!「ロスカット」を超わかりやすく、解説

わが家ではことしからFXの自動売買に力を入れています。

インヴァスト証券のトライオートFXで米ドル・円を。マネースクエアのトラリピで、豪ドル・円、ふたつの通貨を動かしています。運用資金は現在170万円ぐらいです。

で、このFX自動売買で一番恐るべき事態が、ロスカットです。

せっかくちょこちょこ利益を積み上げたとしても、ロスカットされてしまうとそこで多くの資金を失ってしまいます。

特にわが家は基本、ポジションを「損切りしない!」という方針ですので、ポジションを多く持っているときに、大きな相場の変化があるとロスカットのリスクが高くなっていきます。

 

Akoさん
Akoさん
よく聞く言葉だけど、ロスカットって何?
シソビ
シソビ
とても大事なことだから、ちゃんと考えてみよう!

 

FXの自動売買は、攻めることも大事ですが、まずはとにかく「守り」を固めて安定した運用体制を作ることが一番重要ではないか、とわが家は考えています。

その「守り」を作る上で、「ロスカット」の仕組みは絶対に理解しておかなければならない超重要項目です。この「ロスカット」に遭わないため、プログラムをどう組むか?これがFXで自動売買をやる上での肝になるんじゃないかなーと思っています。

そこでこの記事では、「ロスカット」って何だっけ?というところから始め、ロスカットの計算方法まで、誰にでもわかるようにできーるかぎりわかりやすく説明します。

◆FXで「ロスカット」ってよく聞くけど、意味がよくわからない

◆FXはロスカットがあるから怖い!

◆FX自動売買でロスカットされない方法を知りたい!

という方には特に参考になるかと思います。ぜひご覧ください。

 

FXのロスカットって何だっけ?

まず、そもそもFXの「ロスカット」とは何でしょうか?

FXロスカット                                                                                (楽天証券HPより)

ポイントを見てみます。

◆ロスカットはある一定の証拠金維持率を下回ると発動される

◆ロスカットされると、保有しているポジションが自動的に全て決済される

◆楽天証券の場合は、証拠金維持率が50%を下回るとロスカット発生

ということです。わかりましたか?

つまり、トレードするために入れているお金の証拠金維持率が50%を下回ると、今、持っているポジションがすべて決済される、というFXならではの仕組みです。これは楽天証券の場合です。

わかりやすいように、わが家が運用している米ドル・円の状況を見てみましょう。

米ドルの現在のレートは大体111円ぐらい。それに対して、105円で「売り」のポジションを1000通貨×13個ぐらい。そして110円を超えたところでの「買い」のポジションを1000通貨×10個ほど持っていますよね。

もし仮にですが・・・この状態で、リーマンショックを超えるような大恐慌が訪れて、超円高が進み、1ドル40円になったとします。

そうすると、下にある「売り」のポジションは決済されますが、110円あたりで持っている10本の買いポジションは決済されないまま、大量の含み損が発生します。超ざっくりですが、70万円ぐらいの含み損が発生することになると思います。

そのとき、わが家の証拠金維持率が50%を下回ってしまったら・・・

ロスカットが発生し、110円付近の「買い」ポジションがすべて自動的に決済されます。70万円の損失が確定するわけです。

これは非常に痛いですね。大ダメージを喰らうことになります。というか、口座の資金が一気に吹っ飛びますね。

絶対に遭いたくないです!!

そしてこれはあきらかな戦略上の失敗を意味します。

とはいえ、これがあることで、逆に口座資金以上の損失が発生しないようになっている、というわけです。

つまり、私どもとしては、このロスカットとうまくお付き合いできるかどうか、が、FXできちんと利益をあげていけるかどうかの重要なポイントになります。

じゃあ、次にロスカットが発動する条件となっている「証拠金維持率」って何でしょうね?わかりやすいように、わが家のトライオートFXの口座を見てみます。

ちょっと見にくいですので、データをまとめてみました。

トライオートFXの口座状況

◆証拠金預託額 998,336円

◆評価損益 -121,700円

◆必要証拠金 115,000円

◆有効証拠金額 876,636円

◆証拠金維持率 762%

 

いま現在のわが家の証拠金維持率は、762%です。

先ほど50%になるとロスカットされると書きましたので、いまのわが家は全然大丈夫な状態です。もちろん、いろいろ計算して、ある程度の証拠金維持率を守るよう注意しています。

で、先ほど書いた50%ですが、あれはあくまで楽天証券の場合です。

ロスカットルールは、証券会社によって違うので、これはトレードされる際にきちんと確認されておくことをお勧めします。

ちなみにトライオートFXを運用しているインヴァスト証券のHPで調べてみました。こちらも個人の場合は50%を下回ると、ロスカットされます。

ちなみにわが家がもうひとつ運用しているマネースクエアのトラリピは、80%でロスカットされます。このあたりは、証券会社で違いがあるようなので、注意しましょう。

 

なんとなくロスカットの仕組みについては、わかりましたか?

Akoさん
Akoさん
ロスカットの言葉の意味はわかったけど、「証拠金維持率」というのは何なの?
シソビ
シソビ
そうだよね。次はそこを詳しく見てみよう

「証拠金維持率」の計算方法をわかりやすく解説!

ロスカットというのは、証拠金維持率が下がることによって発生するものだ、ということはわかりましたが、では、その証拠金維持率は、どうやって計算されるんでしょうか?

こちらもマネースクエアのQ&Aを見ていたら載っていましたので、引用させてもらいます。

証拠金維持率の計算方法

時価残高÷証拠金必要額×100

何か面倒くさい式が出てきたので、拒否反応起きてないですか(笑)

しかも、ちょっとこれだけじゃわかないですよね。

大丈夫です。とてもカンタンです。わが家の口座を例にしてわかーりやすく考えてみましょう。数字を思い出すために、もう一度こちらに整理しておきます。

 

トライオートFXの口座状況

◆証拠金預託額 998,336円

◆評価損益 -121,700円

◆必要証拠金 115,000円

◆有効証拠金額 876,636円

◆証拠金維持率 762%

 

では具体的な計算です。

まず先の式の「時価残高」です。これは、口座に入っている実際のお金と、含み益or含み損を考慮した、 今現在のあなたの口座の金額を示しています。

たとえばわが家のトライオートFXの口座ですと・・・

◆口座に入っているお金⇒「証拠金預託額」を見よう!⇒998,336円

◆含み益or含み損⇒「評価損益」を見よう!⇒マイナス121,700円

998,336-121,700=876,636円

となります。口座の「有効証拠金額」と一緒になりましたね。これでいいんです。

そして次です。この「時価残高」を「証拠金必要額」で除して、%表示をするために、100をかけます。証拠金必要額とは、ポジションをとるために最低限口座に入れておかないといけないお金です。

わが家の口座では、115,000円となっていますね。トライオートFXの場合、ドル・円が110円だと1000通貨のポジションをとるのに、4,600円の必要証拠金が入っていなければなりません。

さて、それでは式にあてはめていきましょう。

876,636(時価残高)÷115,000(証拠金必要額)×100=762.292・・・

となりました。答えは、762%

とういことで、口座で示されている証拠金維持率と・・・バッチリ合いました!

これで、あなたも証拠金維持率の計算方法がマスターできましたよ((´∀`))

まとめ

ということで、ロスカットは、口座に入れているお金とポジションの本数、それに対する現在の含み益や含み損などが総合的にからみあってはじき出される値だというとことがわかったかと思います。

仮にですが・・・

もし、わが家が110円付近でこの倍の「買い」ポジションを持っていたとして、ドル・円が40円まで下がったとしたら・・・

含み損は単純にこの倍に膨れ上がります・・・。

ポジションを持つための必要証拠金も倍かかります。口座を維持することがより難しくなってくるわけです。

そうならないためにも、適切な管理が必要です。ということで、大事なポイントをもう1回確認しておきます。

ロスカットとは・・・

◆ロスカットはある一定の証拠金維持率を下回ると発動される

◆ロスカットされると、保有しているポジションが自動的に全て決済される

で、きょうの肝である「証拠金維持率」の計算方法です。

◆証拠金維持率 = 時価残高÷証拠金必要額×100

いかがですか?ちゃんとついてこれましたか?

では、これを知ったうえでどう口座を管理していくか?

次回はわが家がロスカットに遭わないために考えている対策をお伝えしますね。

 

■↓わが家が愛用!トライオートFXの口座開設はこちらからどうぞ♪↓

インヴァスト証券「トライオートFX」

 

■↓こちらも最近利益爆心中‼トラリピの口座開設はこちらから♪↓

マネースクエア

マネースクエア

 

■FX自動売買 こちらもオススメです♪

◆ロスカットに遭わないための方策:第2弾の記事です↓

あわせて読みたい
FX自動売買でロスカットされない!3つの鉄のディフェンスわが家のFX自動売買ではとにかく「ロスカットされない運用」を心がけています。そのために、資金管理やトラップの本数を細かくシミュレーションしながら運用しています。この記事では、そんなわが家が心がけている3つのディフェンスについて解説しています。...

 

◆FX自動売買の成績を毎月公開しています↓

あわせて読みたい
トライオートFX
【FX自動売買】トライオートFX 今月はプラス4,393円!2018年8月のわが家のトライオートFXの運用報告です。FXの自動売買を始めておよそ半年。今月はあまり利益が出ませんでしたが・・・。その原因を考えつつ、翌月の戦略を探ります♪...

 

◆今月から、豪ドル・円もトラリピでスタートさせました!↓

あわせて読みたい
トラリピ
【FX自動売買】トラリピで豪ドル/円を資金70万円でスタート!ことしからFXの自動売買をしているわが家では、今月から自動売買、第2弾としてトラリピで豪ドル/円をスタートさせました。運用資金は70万円です。なぜ、この資金設定にしたのか?そもそもなぜ豪ドル/円を選んだのか?考えてみました。...