FX

メキシコペソを「みんなのFX」でスワップ投資!為替のレートとチャートも分析

くう、ねる、ふやす

今日は、わが家が先月から始めたメキシコペソ・円のスワップ投資について書きたいと思います‼

スワップ投資は、FXの経験がある方はなじみの投資法だと思いますが、初めて聞く方にとっては???かもしれません。カンタンに言うと・・・

シソビ
シソビ
円とメキシコペソの金利差を利用して、資産を増やしていく方法だよ!

このスワップ投資は、買い付けておけば勝手にスワップポイントという形で少しずつお金が増えていく非常にらくちんな投資法です。

ですが、一方、リスクももちろんあります。

ちなみにわが家はことしの夏、トルコリラのスワップ投資でマイナス20万円というイタイ損失を味わっています。

なのでスワップねらいの投資には、かなり慎重になっていたのですが、ここ最近のペソの動きを見てまたチャレンジしてみよう‼と思いました。

もちろん過去の教訓も踏まえて、より安全な運用をしていかなければなりません💦

ということで、この記事ではなぜわが家が今回「メキシコペソのスワップ投資」を始めたのか❓どんな展望があるのか❓解説していきたいと思います。

「スワップ投資」って何?ってそもそも疑問な方

◆高金利通貨のスワップ投資に興味を持っている方

◆なぜ、メキシコペソなのか?詳しく知りたい人

こうした方々に向けて書いています。おつきあいください。

FXのスワップ投資、メキシコペソは高スワップ通貨

そもそもFXのスワップ投資とは何なのか❓

FXは「外国為替証拠金取引」です。証拠金を預けて、レバレッジを利かせて為替の取引をしていきます。

為替の取引を簡単に言うと・・・よくきく通貨、米ドル・円を例にしてみます💵今ドル円は111円前後で動いています。この111円で米ドル・円で「買い」ポジションをとって、今後米ドル・円が112円になったとします。

こうすると111円で買った米ドル・円が112円になるわけですから、1万通貨保有していれば、プラス1万円の含み益が出ます。そこで「決済」すれば、それはあなたの利益になります☺

これがFXの基本的な仕組みとなりますが、もう一つFXのような外国為替を扱う際には知っておかなければならない重要なことがあります。

それが各国との「金利差」です。

各国政策金利

(出典:マネックス証券HPより)

日本はご存じのように日銀が2%の物価のインフレ達成のために、ここしばらくずっと金利が「超低い」状態です

金利を低くすることで、お金を借りやすくし市場のお金を回していこうとしていますが、なかなかうまくはいっていません💦

いわゆる「マイナス金利」という状態で、現在の金利は約マイナス0、1%😢

そして、このマイナス金利については、日銀はまだしばらく続けるつもり、と言っています。

しかしこれはあくまで日本の話です。発展途上国は、今、高い経済成長を実現するために大量のマネーが欲しい状態です。金利を上げることで、外貨をたくさん獲得しようとしています。

ですので日本のようなマイナス金利では全然ありません。。

特にFXでは、最近話題になった「トルコ」、「南アフリカ」、そして「メキシコ」が高金利通貨としてよく知られています。トルコは、ことし夏「トルコショック」と言われる暴落が起きました。。その後、政策金利を引き上げ、現在なんと24%‼

一方、メキシコペソもこの前「利上げ」を行い、7,75%⇒8,0%に政策金利が引き上げられました

ということで、円でこうした高金利通貨を取引すると、この『金利差』が大きく影響してきます。具体的には、円でこうしたトルコリラやメキシコペソを持つと『スワップポイント』という形でお金💰が入ってくるんです。

メキシコペソのスワップ、「みんなのFX」はいくら?

では、メキシコペソのポジションを持つことでどれぐらいのお金が入るのか❓これは各FX会社によって異なります。

わが家はトレイダーズ証券の「みんなのFX」でメキシコペソを保有しています。先月までは1万通貨保有すると、1日15円とほかのFX会社と比べて高かかったのですが・・・ここ数日、ちょっとスワップが下がっていますね。

メキシコペソ

大体14円から11円ほどです。

このようにスワップポイントは、変動することがままあります。ですので、一度計画を立てたらそれでオシマイ!というわけにはいかないのですが・・・

仮に一日15円として、1年間の利益をシミュレーションしてみるとこんな感じです👉

1か月 450円
2か月 900円
3か月 1350円
4か月 1800円
5か月 2250円
6か月 2700円
7か月 3150円
8か月 3600円
9か月 4050円
10か月 4500円
11か月 4950円
12か月 5400円

単純に1年持つと、5400円入ってくる計算になりました💰あくまでシミュレーションではありますが。。。

買い始めた先月の時点のポジションがこちらです。

早速、スワップポイントが90円ほど入っています☺

今月はというと・・・

メキシコペソ

累計スワップポイントが500円を超えました❢

Akoさん
Akoさん
1か月で500円。かなり地道な投資だね・・・

順調というか、、まあ予定通りです。まだわずか500円ですが(笑)

では次に見ていきたいのは、メキシコペソを1万通貨保有するのに、いくらぐらいのお金が必要になってくるのでしょうか❓ということです。

この計算をしておかないと、適切な資金管理が出来ず計画が立てられません💦

ペソ円で1万通貨持つにはいくら必要?

わが家の先ほどのポジションを見ていただければわかりますが、わが家はメキシコペソ・円を5.623円のポジションで保有しました。

この数字をもとに考えると、1万通貨保有するのに必要な資金は、こういう計算になります。

ペソ1万通貨持つには・・・

5・6円×10000 = 5万6000円

5万6000円÷25 = 2240円

はい、約2240円です。5万6000円を25で割ったのは、FXには最大25倍のレバレッジがかけられるためです。これがメキシコペソを1万通貨持つために最低限必要な「必要証拠金」となります♥

ただこれだと値が下がったら、すぐにロスカットされてしまいます。ここからいくら余裕を持つか❓つまりどれだけの値下がりを想定しておくか❓という計算が必要になってきます。

メキシコペソ

過去7年分の月足チャートです。1本のろうそく足が1か月分という長期スパンのチャートになっています。

これを見ると、ここ7年で最も最安値を叩いたときで、4.96円です。ちょうど2年前、2016年の11月のことです。

シソビ
シソビ
ちなみにもっとさかのぼって調べてみたけど、2000年代に入ってからは、これが最安値のようだね

ちなみに2000年頭のころは、14円台だったので、今はだいぶ円高の状態になっていますねー。

この過去最安値の4.96円をもとに考えていきます。メキシコペソ・円は先ほど見たように現在は5.6円なので、その差は約0.7円。1万通貨もっていて、仮に1円レートが下がったら、1万円のマイナスとなりますので、今の状態から過去の最安値まで下がったら・・・

Akoさん
Akoさん
7000円のマイナスになるね。

ということは、過去最安値になってもロスカットされないようにするには・・・

ロスカットされないためには・・・

2240円(必要証拠金)+7000円 = 9240円

およそ1万円で、メキシコペソ円を1万通貨保有すれば、過去最安値の4.9円までは耐えられる計算となります。

ただ発展途上国の通貨ですから、もう少し安全運用をわが家ではしていきたいと思っています。とりあえずは、そこからさらに1円の下落を想定して2万円の資金で1万通貨を保有していきたいなーと思っています。

◆メキシコペソ 1万通貨の「買いポジション」

2240円(必要証拠金)+1万7000円(為替の下落想定分) = 2万円

 

トルコリラで味わった高金利通貨の怖さ!

こんな風に安全に、安全を、とわが家が慎重になるにはもちろん理由があります。わが家は、ことし夏のトルコショックで20万円ほどの損失を味わったからです😢

このときは毎月3万円を入金して、3000通貨ずつ買い足していく、という方法でスワップを増やしていきました。

スワップは予定どおり徐々に溜まっていったのですが、しかし・・・。

それ以上にトルコリラの下落が激しく、どんどん含み損が増えていく一方。そして夏、トルコがアメリカ人牧師を拘束したことで、アメリカとトルコの関係が悪化。

一気にリラが下落しました。

それで損切りをして、20万円の損失となりました💦このときの様子はこちらの記事に書いております。他山の石として、参考にしていただければ幸いです。

あわせて読みたい
トルコリラ
【FXスワップ貯金】トルコリラを損切り!マイナス20万円で撤退戦2018年2月から始めてたトルコリラのスワップ投資。8月のトルコリラ危機の後もしばらく保持していましたが、今回損切りすることにしました!ロスカットまでまだ余裕はありましたが・・・そのあたりの理由を解説しています。...

先ほど3万円で3000通貨購入していったと書きましたが、実はこれもトルコリラが下落することもあるだろうと思い、9円程度の下落を見込んで余裕を持って買っていったつもりでした。

トルコリラショック

しかし、こちらの週足チャートを見てもらえればわかるように、わが家が買付を始めてからトルコリラはどんどん下落。

心理的に「きついなーー」と思ってきたところでの「トルコショック」で記録的な滝落ち⤵

これはロスカットされる前に「損切りだ!」ということで撤退したわけです。

しかしながら今、トルコリラは少しずつ回復し、一時は15円台だったのが21円台まで回復しています。わが家の設定であれば、実は保有し続けていてもロスカットにはなりませんでした💦

ただこれは結果論ですよね。あのときは心理的にけっこう追い込まれてしまったので、損切りしたのはやむを得なかったと言えます。

ただこの教訓からわが家が学んだのは・・・

シソビ
シソビ
毎月、積み立て感覚で3000通貨買い続けたのが間違いだった

ということです。

あのときはスワップをより多く、早く獲得しようと、毎月決まった日に3000通貨の買い付けをしていました。

そうするとどんどん「買いポジション」が増えていきます。トルコリラがそこから上がればいいですが、下がり続ける局面ではポジションが増えれば増えるほど含み損も多くなります。

毎月の買い付けではなく「●円下がったら、追加で買い付け」みたいにして少しポジションをとるのを抑えておけば、それほど心理的に追い込まれなかったのではないか❓と思っています。

メキシコペソの為替レートを過去のチャートから分析

それほど痛い目にあっておきながら、なぜ今回メキシコペソでスワップ投資することにしたのか❓

それはメキシコペソは、トルコリラよりもだいぶ安定した通貨だからです👉

もう一度ペソの為替チャートを見てみます。

メキシコペソ

過去7年のチャートを見ても、下は4.9円、上は8.7円とわずか4円弱しか値が動いていません。非常に値動きが少なくなっています。

これは為替レートの差益を狙うのではない、スワップ投資をする上では大変ありがたいです。

スワップ投資は、金利差を利用して少額のスワップを毎日ちょこっとずついただく、まさに「ちりも積もれば山となる」方式です♪

この方法だと、為替差益がマイナスの方向に大きく動いていしまうと、ほとんど利益が積みあがらないまま、含み損だけが増えてしまいます。

その含み損が想定を超えてしまえば、即ロスカットです💦

そうならないためには、出来る限り長い年月、為替レートが安定しているのが望ましいわけです。そういう意味では、今のメキシコペソはスワップ投資をする上では、かなり有望な通貨かと思います☺

また先ほど見たように、これまでの最安値は4.9円ですが、チャートを見ると、5.3円のところで何度か跳ね返っています。

この5.3円から5.4円のポイントがひとつのサポートラインとみてよさそうです。

ちなみにトルコリラは、わが家が買い付けを始めたことしの2月ごろには1トルコリラ29円でしたが、半年後のトルコショックで一時15円台まで下げています。

わずか半年で14円の下落です(笑)

これを考えても、メキシコペソが安定している通貨と考えられると思います。

ペソ・円 今後は為替レートを見て追加で買い付け!

では、先月わが家がポジションを保有してから、メキシコペソ・円はどういう値で動いていったか❓

メキシコペソ

こちらは11月終わりから12月23日までのメキシコペソ・円の4時間足チャートです💹1本のローソク足が4時間の値動きを表しています。

この表で見ると大きく動いているように見えますが、実際の値動きは非常に安定していました☺

大体5.500円から高値でも5.650円を超えるぐらい。わずか15pipsしか動いていません。

ちなみにもう一度わが家の現在のポジション状況を見てみましょう。

メキシコペソ

これを見ると、含み損がほとんど発生していません☺代わりに含み益もありませんが・・。それだけ値が動かなかったということですね📚

とはいえ、今月一度値が動いたときがありました。12月の8日あたりで、一度5.5円を割って5.4円台半ばまで突入したんですねー。

上のチャートで見ると、一番値が下落しているところがそうです。しかし、その後すぐに値を戻しました。

この5.4円台で買い足せばよかったのですが・・・すっかり忘れていました(笑)

次回はこの5.4円台を突入したところで、また1万通貨買い足そうと思っています。こうやって低い値でポジションを増やしていくことがこのスワップ投資においては、基本かなーーとわが家は思っています📚

ただ、以前のように毎月決めた日に定額買い付ける‼ということはちょっとやめておこうと思います。

最近はポジションを持ちすぎるリスクを感じ始めていますので、ね。しかし当たり前ですが、ポジションを増やしていかないと、利益も積みあがっていきません。ここの塩梅をどうとっていくか❓が今後の課題になってくるかなーと思っています👉

そしてスワップポイントで2万円溜まったら、そこからさらに1万通貨買い付けていき、スワップを貯める速度を加速させていきたいですねーー。

メキシコは経済情勢で見ても『買い』の通貨

ということで、わが家のメキシコペソのスワップ投資の戦略をご紹介しました。

今回はトルコリラのように途中で撤退‼ということはないようにうまくやっていきたいと思っています。

最後にもうひとつ、わが家がメキシコペソに注目した理由があります。

シソビ
シソビ
メキシコのファンダメンタルを見ても、今後経済成長が見込めるなーと思ったんだ

きょうはカンタンに抑えておくだけですが、メキシコは国のファンダメンタルの要素を見ると、かなり安定していて投資するのに適した国だと思います。まず、人口は現在も増えていて、かつ失業率も低い状態です。またアメリカに隣接していて輸出先としても経済大国・アメリカに支えられています。

資源大国としてのポジションも高く、まあ何というか、不安要素がそれほど大きくないのです👲こうした理由もわが家が今回、メキシコペソのスワップ投資を始めた理由になりました♪

ということで、このメキシコペソ投資のきょうのまとめです。

メキシコペソ ここに注目!

メキシコ経済は、今後も成長が見込める有望株

☑今のペソ・円は5.6円を割り込み、歴史的にみても安値

☑政策金利は8%。スワップは1日11円~14円

☑わが家は2万円で1万通貨保有の方針

☑今後も、為替レートが下がったら「買い」

このスワップ投資の運用も来月からまた月次で報告していきます。お楽しみに~~

 

☑わが家が愛用するトレイダーズ証券の口座開設はこちらから↓

みんなのFX口座開設

 

↓ブログ村のランキングに参加中!応援クリックお願いします↓

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

関連記事もぜひどうぞ!

FXのスワップ投資 過去のトルコリラの記事はこちらから↓

あわせて読みたい
トルコリラ
【FXスワップ貯金】トルコリラを損切り!マイナス20万円で撤退戦2018年2月から始めてたトルコリラのスワップ投資。8月のトルコリラ危機の後もしばらく保持していましたが、今回損切りすることにしました!ロスカットまでまだ余裕はありましたが・・・そのあたりの理由を解説しています。...
あわせて読みたい
トルコリラ
【FXスワップ貯金】トルコリラ危機だけど・・・積み立て投資!今月トルコリラが暴落しましたが、わが家はロスカットにも遭わず引き続き淡々と積み立てています。今月も予定通り積み立てましたが、いまのトルコリラの状況はどうなっているのか?考えていきます。...
あわせて読みたい
トルコリラ
【FX】暴落!トルコリラ 今後の積み立て投資の戦略は?2018年8月にトルコリラが暴落し、一時15円台にまで値を落としました。スワップポイントの高さから人気を誇るトルコリラ、わが家は積み立て投資で少しずつ買いポジションをとっていますが、今後、この戦略が本当に有効なのか?検証しています。...

 

☑わが家がメインの資産運用にしているFX自動売買の記事です↓

トライオートFXで米ドル・円を104万円で運用中!↓

あわせて読みたい
くう、ねる、ふやす
トライオートFXの実績をブログ公開!11月はマイナス706円!2018年11月のトライオートFXの運用成績は、マイナス706円でした。わが家は2018年2月から、米ドル・円でFXの自動売買を始め、安定的に利益が積みあがっています。今月は売りスワップに足を引っ張られましたがその反省点も踏まえ、わが家の設定方法や自動売買で気をつけていることをこの記事では解説しています。...

トラリピで豪ドル・円を70万円で運用!こちらは好調です↓

あわせて読みたい
くう、ねる、ふやす
M2J・トラリピでFX自動売買!11月は+10,200円・設定をブログで公開!2018年9月の半ばになってから始めた豪ドル・円でのトラリピ。11月の実績はプラス10,200円でした!利益を上げるために行った設定から、トラリピ特有の「決済トレール」のメリットなど。運用た感想とわが家の設定の仕方を解説しています。...