FX

【FXスワップ貯金】トルコリラ危機だけど・・・積み立て投資!

トルコリラ

今月はトルコリラが暴落した歴史的な月になりました。

恐ろしいほどリラが値下がりしましたが、その後どうなったでしょうか?

 

Akoさん
Akoさん
トルコリラってその後どうなったのさ?
シソビ
シソビ
すこーし値が戻ったよ。で、今月も積み立て投資しました!
Akoさん
Akoさん
なにしとんじゃ、 コラーっ!!

 

わが家ではことしの2月からトルコリラに積み立てをしています。

トルコリラはその政策金利の高さから、買いポジションを持っていると、

スワップポイントという形で毎日利益を得ることができます。

 

現在、証券口座に入れている金額は33万円。

その中からすこーしずつ買い足して、月々のスワップを増やしてきました。

 

ただトルコリラはあまり安定性の高い通貨ではありません。

ですので少々の値下がりではロスカットにならないよう、多めに資金を投入していました。

そのため、まだロスカットはされていません。

 

が、現在のところトルコリラはどんな状況なのか?

今回の暴落を振り返るとともに、

わが家のトルコリラ生活7か月目の運用報告をしていきたいと思います。

現在のトルコリラの状況は?

先週はトルコの市場が1週間お休みでした。

が、多少の値動きはありました。どうなったでしょうか?

 

8月10日トルコリラは暴落。一時15円台前半まで落ちました。

しかしその後、リラは少しずつ回復。

一応先週末の時点では、リラは18円半ばまで値を戻しました。

 

トルコのエルドアン政権は、通貨回復に向けて外交を活発化させています。

まずはカタールの支援ですね。

さらに中国も接近しているようですね。

しかしその一方で、トルコの国債についてアメリカの格付け会社が、格下げに動きました。

BB以下はいわゆる「ジャンク債」と呼ばれ、投機的扱いです。

まだまだ楽観視できる状況では全然ないですねーー。

わが家のトルコリラの保有状況は?

わが家のトルコリラは、まだロスカットはされていませんが、

大量の含み損を抱えています。

 

含み損が15万円以上発生しています・・・(;゚Д゚)

33万円の元金のほぼ半分です。

 

対して累計スワップは2万円ほどです。

ただ含み損に関しては一時20万円以上に膨らんでいたので・・・

すこしはマシな状況になった・・・と思うことにします(笑)

 

そして、この1か月のスワップの利益は4000円ほどです。

セントラル短資では先日まで1日80円(1万通貨あたり)のスワップがついていましたが、

ここ数日は60円。だいぶ下がってしまいました。

 

スワップを80円と計算して、わが家のように毎月3000通貨ずつ

建玉を持っていくとこうなります。

保有月数 月のスワップポイント 合計スワップ
1か月目 720円 720円
2か月目 1,440円 2,160円
3カ月目 2,160円 4,320円
4か月目 2,880円 7,200円
5か月目 3,600円 10,800円
6か月目 4,320円 15,120円
7か月目 5,040円 20,160円
8か月目 5,760円 25,290円
9か月目 6,480円 31,770円
10か月目 7,200円 38,970円
11か月目 7,920円 46,890円
12か月目 8,640円 55,530円

7か月たつと2万円ほどの累計スワップになる予定でしたが、

現在は1万9,000円ほど。少々予定を下回っています。

 

そして今月も・・・

 

3000通貨を買いポジションで保有しました。

これで計24000通貨保有していることになります。

下がっているからこそ、「買い」!

正直、今回の暴落で一時決済することを考えました。

一度こうした暴落があると、どこまで下がるのか?正直わからなくなるからです。

あわせて読みたい
トルコリラ
【FX】暴落!トルコリラ 今後の積み立て投資の戦略は?2018年8月にトルコリラが暴落し、一時15円台にまで値を落としました。スワップポイントの高さから人気を誇るトルコリラ、わが家は積み立て投資で少しずつ買いポジションをとっていますが、今後、この戦略が本当に有効なのか?検証しています。...

 

しかし元々戦略を決めて、ある程度の損失に耐えられる形で始めたのが、

このスワップ積み立てです。

ここで投資を辞めてしまったら元も子もありません。

 

また逆にいうと、これだけ値が下がったのは「買い時」とも言えます。

今回も18円半ばで買ったことで全体の建玉の平均価格が下がりました。

スワップ積み立て投資は、こういう通貨が安くなったときに仕込んでいけると、

その後の相場に強い口座を作ることができます。

 

今現在、口座に入金している金額は、

12月分まで毎月3000通貨積み立てることを想定した金額です。

 

年明け以降、どうしていくか?は、

また今後の状況次第ですが、目下のところはこの方針を継続していきます。

しかし、不安材料も・・・

とはいえ、不安材料はあります。

 

ひとつ今回学んだのはこういう暴落が起きると、当初、想定していなかった、

さまざまなことが起きます。

 

先日、セントラル短資からこんな案内がきました。

 

通常FXの取引は、レバレッジ25倍までかけられますが、

今回の暴落を受け、市場環境が不安定になっているため、

今後の新規取引に必要な証拠金は最大レバレッジ10倍になる、ということなんです。

 

こういうことも起きるんですねーー。

 

この前、相場が荒れたときには一時取引停止にもなりました。

今後また状況が荒れれば、想定してなかったことが起きるかもしれません。

安心して保有できないこの状況がなかなか辛い!

このスワップ投資は、為替の多少の変動には左右されず、

日に日に利益が積みあがっていくのが最大の魅力です。

 

そう。持っているだけで、自動的に利益が増えていくんです。

 

しかし、このような状況になると、

今後、相場がどうなるか?誰も予想できません。

またこの前のように急にリラが暴落するかもしれません。

そして前回の15円台を割るという事態だって十分考えられます。

 

となると、これ、保有していること自体が精神的にはあまりよろしくありません(笑)

まとめ

いまは確かにトルコリラが相当安い状態です。

 

しかし・・・

◆不安定な相場・・・「もう暴落は起きない!」なんて全然言えない

◆トルコの国債の格付けが下がっている

◆アメリカとの対立の解消のメドが立っていない

◆相場が荒れれば「取引停止」「レバレッジの引き下げ」などのリスク高

◆スワップも安定していないし、保有するのもなかなか辛い

などを考えると、トルコリラがおススメとはとても言えない状況です。

 

わが家ももしかすると今後はメキシコペソなどに投資対象を変えていくかもしれません。

 

ですがとにもかくにも、このトルコリラは、今後もしばし注視していきます。

また状況は随時ご報告していきます!

 

あわせて読みたい
トルコリラ
【FX】暴落!トルコリラ 今後の積み立て投資の戦略は?2018年8月にトルコリラが暴落し、一時15円台にまで値を落としました。スワップポイントの高さから人気を誇るトルコリラ、わが家は積み立て投資で少しずつ買いポジションをとっていますが、今後、この戦略が本当に有効なのか?検証しています。...