FX

【FXスワップ貯金】トルコリラを損切り!マイナス20万円で撤退戦

トルコリラ

8月に急落したトルコリラ。わが家もことし2月からスワップ目当てで投資をしていました。

運用資金は33万円。しかし・・・

今回マイナス20万円のところで損切りしました!

 

Akoさん
Akoさん
うちの大切なお金をどうしてくれとんじゃーー!!
シソビ
シソビ
申し訳ございません!この借りは必ずどこかで・・・返します・・・

まあ、なんというか、いい勉強になりあした・・・。ここで損切りしたのが果たしてタイミング的によかったのかどうか、まだわかりません。

実はこの後、ちゃっかりトルコリラが回復して・・・なんて考えると、くやしさも倍増!ですが、今回の投資はとてもいい経験になったので、次回同じ轍を踏まないためにもしっかりと検証したいと思います。

余裕資金で運用しているとはいえ、20万の損切りもなかなか勇気がいりましたよん♪

なぜ、今回損切りしたのか?

そもそもちょっと前にわが家はこんな記事を書いていました。

あわせて読みたい
トルコリラ
【FXスワップ貯金】トルコリラ危機だけど・・・積み立て投資!今月トルコリラが暴落しましたが、わが家はロスカットにも遭わず引き続き淡々と積み立てています。今月も予定通り積み立てましたが、いまのトルコリラの状況はどうなっているのか?考えていきます。...

そんな記事を書いたにも関わらず、なんでこのタイミングで損切りしたのか?

一言でいえば「保有するのが辛くなった」からです・・・。

Akoさん
Akoさん
何を甘いことぬかしとんじゃー!

確かになんじゃそりゃ?って思いますよね。というか、このスワップ投資は、ずーーっとポジションを耐えて持ち続けて初めて利益が出る投資です。それはわかったうえでの投資でした。わが家のトルコリラスワップ投資は、簡単に書くとこんな戦略ですすめる予定でした。

 

【トルコリラ投資の青写真】

◆月3万円でトルコリラを3000通貨 買っていく(毎月)

◆一日保有すると、スワップで約24円GET

一日24円×30日=月720円 が毎月積算されていく

◆運用資金は、15万円+ボーナスで6か月分18万円を先に確保。

ロスカット防止のため、9円程度の下落を想定

そしてこの予定ですすめていくと、利益に関してはこんな感じで青写真を描いていました。

保有月数 月のスワップポイント 合計スワップ
1か月目 720円 720円
2か月目 1,440円 2,160円
3カ月目 2,160円 4,320円
4か月目 2,880円 7,200円
5か月目 3,600円 10,800円
6か月目 4,320円 15,120円
7か月目 5,040円 20,160円
8か月目 5,760円 25,290円
9か月目 6,480円 31,770円
10か月目 7,200円 38,970円
11か月目 7,920円 46,890円
12か月目 8,640円 55,530円

ちょうど7か月が終了し、8か月目に突入したところでした。

上の表の赤いラインを見てください。表では、ようやく毎月5000円の収益が見込めるところまできてました。累計スワップも2万円を超えます。

もう「収入」といっても遜色ないところまで来ていました。

トルコ危機の後、トルコリラはどうなっていたか?

じゃあ、その損切にあたってのリラの為替はどうだったのか。こちらをご覧ください。

こちらはトルコリラの日足チャートです。8月に入ってトルコリラがご存じのように急落。一時15円台前半まで値下がりしましたよね。

その後、数日を経て、トルコリラが回復し始めます。

このときは、おっ!と思いました(笑)これで持ち直したか!と思ったんですよね。

しかしそんなに甘くはありません。その後、またいつものようにズルズルと値下がり、結局16円台まで落ちてしまいました・・・。

シソビ
シソビ
このまま持っていても、さらに落ちてくだろうなあー

そんな心の声が聞こえたのはそんなときです。

そこでハッと気づいたんです。

シソビ
シソビ
これ、ただつらいだけじゃね?

このトルコリラスワップ投資は、ある程度の下落は想定しつつもそこを織り込んだ上で、ポジションを持っていると毎日少しずつのお金が増えていく、ということを想定して投資したものです。

そこにはこんなつらさは想定していません。

むしろ心穏やかに持ち続ける。そして知らないうちに少しずつお金が増えていく。そういうことを目的に投資を始めました。

だけど、これだと、真逆です。

FXの自動売買のほうがよっぽど心が安心していられます。

そういうことを耐えての投資だ!という意見もあるんでしょう。甘すぎる!と言われればそうだと思います。

わが家も途中まではそう思ってやっていました。しかし、楽しくなかったら元も子もない、ということに改めて気づいたわけです。

サクッと損切り!損失はマイナス20万円

そこで当初のプランを変更して損切りすることにしました。

 

20万円の損失です。

このトルコリラには33万円の資金で運用していました。13万円は残ったので、このお金はまた違った投資に回していきますよ。

本当にこの通貨でよかったのか?さすがに反省する

わが家はあんまり反省とか、後悔という言葉は好きではないんですが、さすがに今回の投資はひどい結果でした。次に活かすためにも何がいけなかったのか?考えてみます。

運用のプラン自体は悪くないと思いました。

毎月3万円で9円程度の下落を想定するというのは、まあ資金のかけ方という意味では妥当だったと思います。

わが家が参戦したのは、過去最安値の29円付近です。つまり、最安値だからそこを割ってもそんなには下がらないだろう、下がった後は上がるだろうと高をくくってたわけですが・・・

その見通しが甘かったですね。実はこちらの週足チャートを見てもらえればわかりますが、今回の暴落前もずーーっとトルコリラは下げ続けています。まさに右肩下がりです。そこへきての今回の暴落でした。こうした勝手に上がるだろう、という憶測はよくありませんでした。

こういう風に為替のレートが下げっぱなしだと、いくら高金利とはいえスワップが全然見合ったものにならない、ということもよくわかりましたね。

つまりレートが下がっていくスピードとスワップポイントのわずかな収入がまったく見合ったものにならないんです。

ただ、やっぱりこのスワップ投資を始める際の最大のミスは、トルコリラ一本でやり始めた、というところですかねー。

新興国通貨はやはりリスクが高いです。ほかの高金利通貨のメキシコペソやなどにも資金を振り分けておくのが、リスクヘッジ的には大事でした。

【今回の反省】

◆過去最安値まできたからあとは上がる!と根拠がない予測をした

◆メキシコペソにも投資するなどリスクを分散させていなかった

まとめ

今トルコリラは16円台で踏みとどまっている状態です。ここで下げ止まるか、はたまたまた15円台に割り込んでいくのか。そこは注視していこうとう思います。

このスワップ投資、今後、どうしていくか?

やっぱり今、比較的安値で安定しているメキシコペソは、選択肢の1つだとは思います。このスワップ投資は本当に毎月の積み上げが大事なので、始めるなら早いほうがいいんですが・・・

いったん冷却期間を置きます。

いろいろ考えましたが、まずはFXの自動売買のほうにもう少し種銭を投入したほうがいいのかなーという結論です。またこちらも準備でき次第、ご報告していきますね。

 

◆考え方自体は悪くなかったのだが・・・

あわせて読みたい
トルコリラ
【FXスワップ貯金】トルコリラ危機だけど・・・積み立て投資!今月トルコリラが暴落しましたが、わが家はロスカットにも遭わず引き続き淡々と積み立てています。今月も予定通り積み立てましたが、いまのトルコリラの状況はどうなっているのか?考えていきます。...