FX

【実績公開】トラリピでFX自動売買!10月はプラス10,807円でした!

くう、ねる、ふやす

わが家では2018年9月からFX自動売買第2弾として、トラリピで豪ドル・円の運用を始めました。

運用資金は70万円でスタートしました‼

で、先月・10月の利益ですが、プラス10,807円でした

9月に引き続き、なかなか順調です♪

Akoさん
Akoさん
豪ドル・円が好調みたいだね!
シソビ
シソビ
そうそう、10月はボックス相場で相場はいったり、きたり。まさに理想の展開だったよ♪

 

この記事では、わが家の10月のトラリピの成績を振り返っていきます。その際にどんな設定をしたのか?公開しつつ検討していきたいと思います。

◆FX自動売買って何?トラリピって何?という人

◆FX自動売買に興味がある方

◆トラリピをやってみようかな。と悩んでいる方

こんな方々に向けて書いています。お付き合いください🔰

トラリピとトライオートFXの成績を比較!

まずは2018年10月の豪ドル・円の動きをおさらいします。

豪ドル・円ご覧いただいたらわかるように、10月の初めは円安となり82円近辺でしたが、中旬になってくると下落。その後は、78円台~80.50円のあたりをいったりきたりのボックス相場となりました☺

11月に入り今は円安となりましたが、先月はこのいったりきたりのおかげで、買いポジションも売りポジションも順調に決済してくれました♪

理想的な展開です。ずっとこうならいいのに。。

ちなみにわが家がもうひとつ運用しているトライオートFXの米ドル・円の結果と比較してみましょう。

FX自動売買

ちょっと見にくくて申し訳ないですが、棒グラフの青色がトライオートFX、オレンジ色がトラリピです。

トラリピのほうが利益が伸びていますね。9月・10月ともトライオートFXの不調をトラリピがカバーしてくれている、という図式になっています。数字でまとめると以下の通りです。

2018年10月 FX自動売買の実績公開

◆トラリピ【豪ドル・円】:10,807円

◆トライオートFX【米ドル・円】:579円

 

トラリピの圧勝です

トライオートFXのほうが運用資金が潤沢です。さらにトラリピは9月初めから運用しているにも関わらず・・・です。

これをどうとらえたらいいのか・・・わかりません(笑)

そんなわが家のトラリピの設定はどうしたのか?次はそこを見てみましょう💰

トラリピ 豪ドル・円の設定をご紹介!

先月10月のトラリピの設定ですが、わが家はこんな感じで運用しました。

【買い】

◆0・2円刻みで~83円にトラップ

◆利益確定:300円

◆トレール設定:あり

◆ストップロス:なし

【売り】

◆0・4円刻みで83円~78円にトラップ

◆利益確定:300円

◆トレール設定:あり

◆ストップロス:なし

ポイントの一つは、「買い」を0・2円刻みに対し、「売り」を0・4円刻みにしたことです。

なぜ、「買い」と「売り」で値幅が違うのか?

それは一言でいうと、豪ドル・円は「売り」スワップが大きく、「売り」を多く持つと毎日損失が発生するからです。

トラリピ スワップ(マネースクエアHPより)

1万通貨持つとそれだけでマイナス50円です。

全く気にしないというのも手ですが、わが家はトライオートFXで米ドル・円のマイナススワップがけっこうボディーブローのようにきいているのが、どうも嫌な感じです😢

ですので、豪ドル・円では「売り」が相対的に少なくなるよう心がけています。

そしてもうひとつは、トラリピのハーフ&ハーフという考え方にアレンジを加えていることです。

ハーフ&ハーフというのは、幅広いレンジ(豪ドル円だったら55円~110円ぐらい)の中心線(80円)を境にそこから下は「買い」、上は「売り」とロングとショートの注文を分ける手法のことです。

豪ドル円

こういうイメージです。

もしハーフ&ハーフについてもっと知りたいという方は、トラリピを運営するマネースクエアのHPに詳しいことが書いています。こちらをご覧いただけると、何でこんなことをするのか?メリットがよくわかると思います♪

ただこのハーフ&ハーフで運用すると、あるデメリットもあります。

たとえば円安相場だと、80円以降は売りのポジションだけが増えていくことになります。含み損や毎日の売りスワップなどマイナス要素だけが積みあがっていきます。

そしてせっかくの豪ドル高相場で利益が取れません😢

値が動いているのに、単純にモッタイナイ、んです。

ですので、もうちょっと工夫して9月はこういう設定にアレンジしました。

トラリピ豪ドル「売り」を0・4円刻みにすれば、当然トラップの数は少なくなり、利益が減少しますよね。

そこで中心線80円から82円ぐらいまでのゾーンは、「買い」のポジションも同時にとっていき、ここだけ「両建て」の空間を作っています。

ということで、この80円から82円にも「買い」のトラリピをしかけました。

利益の2重どりです🐷

さらに10月は、その「両建て」をもう少し広げました!

豪ドル・円

あまりポジションはとりたくないのですが、「売り」を80円をまたいで78円ぐらいまで仕掛けました。

そのおかげで10月は「買い」も「売り」も利益が伸びたわけですが、この「売り」はあんまりポジションをとりすぎると、トライオートFXの二の舞となります💦売りスワップに苦しめられることは避けなければなりません。

なのでこのポジションどりは今後も注意していかなければなりません。とにかく「売り」は少な目に。です‼

設定のポイント

◆「売り」ポジションは少なく!

◆78円~82円ぐらいのレンジは「両建て」

 

また今は「買い」を0・2円刻みに設定していましたが、こちらももう少し安定的な運用にしたいと思っています。ですので、11月は「買い」ももう少し緩めにトラップを仕掛けていこうかと考えています。

ちなみに、そもそもなぜこういう設定にしようと思ったのか?などは、以前こちらの記事にまとめました。トラップの仕掛け方をもう少し詳しく知りたいという方はこちらをご覧くださいね♪

あわせて読みたい
【FX自動売買】トラリピ・豪ドル/円の設定は?詳しく解説!わが家では9月から、FX自動売買第2弾として、豪ドル/円でトラリピを始めました!運用資金は70万円。この記事では、この70万円を元手に、トラリピをどういう設定にしたのか?また具体的な設定方法を詳しく解説しています。...

「決済トレール」が優秀、やはり有効だった!

そしてトラリピを始めてみて大きいなあと思ったのが、独自の「決済トレール」です。

トラリピ トレール決済トレールは、この図のように、どんどん利益を追いかけてくれます。

ふつうの自動売買ですと多くが決済の値を前もって決めておきます。しかし、これだとせっかく相場がトレンドを形成しても、自動的に決めた値で決済されてしまうわけです。

トレールなし

【豪ドル/円「買い」の場合 +50pipsで決済】

◆80円 ⇒ 80.50円に上がったら・・・自動的に決済!

しかしこのトレールを設定しておけば、そのトレンドに乗っかって、利益がどんどん伸びていき、値の伸びが終わったところで決済してくれるんです。

トレールあり

【豪ドル/円「買い」の場合 +50pipsで決済】

◆80円 ⇒ 80.50円に上がっても・・・決済されず!

80.50円 ⇒81円 ⇒82円 ⇒81.80円 決済! +180pips獲得

これはやはり有効でした☺

実際に利確は+300円で設定していましたが、トレールで伸びて500円や700円で決済されているポジションがありました。

この機能のおかげで、だいぶ利益が伸びた実感があります。

ただひとつ注意です。

わが家は当初、利確はプラス500円で設定していました。しかし、500円を過ぎても決済されずまた下がって決済されない、というわけのわからない事態が起きていました。

「おかしいな??」と思って調べてみたら・・・

どうやら決済トレールは、利確の値からさらに+0・2円上がらないとトリガーが働かない‼みたいなんですね。

つまり利確を+500円で設定していたら、+0・2円、700円のところまで行かないと指値が入らないようなんです。

ですので、それに気づいた後は、わが家はとりあえずプラス300円で利確することにしました。みなさんご注意ください♪

トラリピは、手数料が無料に!さらに便利に!

そしてトラリピにはさらなるメリットが加わりましたよね!

先日の記事でお伝えしたように、トラリピは取り引きの手数料が無料になったんです☺

FX自動売買の元祖として、いろいろと便利な機能がもりだくさんのトラリピですが、一つ「手数料が高い」というのがネックでした。

しかし、それがついに無料となったんですねー👉

これは、とても画期的なことなんじゃないでしょうか。もうこれでトラリピのデメリットはほぼなくなったといっても過言ではありません♪

手数料をとられるのを気にせずに安心してトレードできるようになりました☺

まとめ

ということで、わが家の10月トラリピも、なかなかの好成績です。

最後にわが家の口座状況をのせておきます。

くう、ねる、ふやす

証拠金維持率、レバレッジともにまだまだ余裕があります☺ですので、ロスカットレートも基本全然問題ないですね♪

今月11月もこの調子でいくことを願っています。

このトラリピで豪ドル・円。始めてみた感想としては・・・

トラリピを使った感想

◆豪ドル・円は、日々の動きが米ドル・円より大きい印象がある
⇒利益がとりやすい

◆10月は米ドル・円よりボックス相場だった印象

◆「決済トレール」はメチャクチャ有効!

と、米ドル・円に比べてずいぶんいい感じでした。

このわが家のトラリピが今後、どうなっていくか?単発に終わらないよう祈りつつ・・・。

完全に相場次第ですが、また実績については随時ご報告していきます。

 

■↓トラリピの口座開設はこちらからどうぞ♪↓

マネースクエア

マネースクエア

↓ブログ村のランキングに参加中!応援クリックお願いします↓

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

関連記事はこちらからどうぞ!

■トラリピに興味がある方‼こちらもオススメです♪↓

◆なぜ、トラリピで豪ドル・円を運用し始めたのか?こちらの記事でまとめています↓

あわせて読みたい
トラリピ
【FX自動売買】トラリピで豪ドル/円を資金70万円でスタート!ことしからFXの自動売買をしているわが家では、今月から自動売買、第2弾としてトラリピで豪ドル/円をスタートさせました。運用資金は70万円です。なぜ、この資金設定にしたのか?そもそもなぜ豪ドル/円を選んだのか?考えてみました。...
あわせて読みたい
【FX自動売買】トラリピ・豪ドル/円の設定は?詳しく解説!わが家では9月から、FX自動売買第2弾として、豪ドル/円でトラリピを始めました!運用資金は70万円。この記事では、この70万円を元手に、トラリピをどういう設定にしたのか?また具体的な設定方法を詳しく解説しています。...

 

◆手数料が無料に!トラリピのメリットを考えてみました↓

あわせて読みたい
手数料が無料に!トラリピを使った感想・メリットとデメリットトラリピの手数料がついに無料になるそうです。わが家では2018年9月からトラリピを使っていますが、今回改めてこの自動売買ツールのメリットとデメリットをまとめてみました。FX自動売買に興味がある方には特に参考になるかと思いますよ。...

 

◆FX自動売買で大切なロスカットについてまとめました↓

あわせて読みたい
FXで絶対に知っておきたい!「ロスカット」を超わかりやすく、解説FXの自動売買をやる上で絶対に知っておきたい「ロスカット」。でもロスカットって何なの?なんとなくはわかっていても、細かいところまではわからない!という方も多いと思います。そこで、ロスカットとは何なのか?またロスカットを決める上で大事な「証拠金維持率」について超わかりやすく解説しています。...
あわせて読みたい
FX自動売買でロスカットされない!3つの鉄のディフェンスわが家のFX自動売買ではとにかく「ロスカットされない運用」を心がけています。そのために、資金管理やトラップの本数を細かくシミュレーションしながら運用しています。この記事では、そんなわが家が心がけている3つのディフェンスについて解説しています。...
あわせて読みたい
ブログタイトル
超ビビリなわが家が、FX自動売買に力を入れられているワケわが家は夫・妻とも超ビビりな性格です。そんな二人がなぜことしからFXの自動売買に力を入れているのか?解説しています。「FXはアブナイ」というイメージを持っている方も多いと思います。それは使い方次第です。うまく使えばリスクを抑えて運用することはできます、その方法論を解説!...