FX

【FX自動売買】トラリピ・豪ドル/円の設定は?詳しく解説!

わが家では先週からFX自動売買の第2弾として、トラリピを使った豪ドル・円のトレードを始めました。運用資金は70万円です。

で、前回は数ある通貨の中でなぜ豪ドル/円を選んだのか?その理由などを書きました。

あわせて読みたい
トラリピ
【FX自動売買】トラリピで豪ドル/円を資金70万円でスタート!ことしからFXの自動売買をしているわが家では、今月から自動売買、第2弾としてトラリピで豪ドル/円をスタートさせました。運用資金は70万円です。なぜ、この資金設定にしたのか?そもそもなぜ豪ドル/円を選んだのか?考えてみました。...

 

Akoさん
Akoさん
で、70万円でトラリピでどうやって運用するの?
シソビ
シソビ
今回はそこらあたりを解説するよ!

 

この記事では70万円の資金で、どのような運用を考えているのか?またトラリピでトラップを仕掛けるにはどうやったらいいのか?など具体的なことを解説していきたいと思います。

◆FXの自動売買に興味ある方

◆FX自動売買の初心者の方

◆トラリピは知っているけど、具体的なことはわからない人

というような方には特に参考になるのかなーと思っていますので、ぜひご覧ください。

トラリピ 70万円でどのような運用を目指すのか?

まず運用の設定をするにあたって、豪ドル/円が過去どれぐらいの値動きをしているのか?みてみます。ここはけっこう大事です。

そこでここ10年ぐらいのチャートを見てみます。

豪ドル円

一番円高が進んだ状態で55円ぐらい。一番円安が進んだ状態で110円ほどです。大体80円を中心にしていったりきたりを繰り返しているのがわかります。

また上限と下限の年月を見ると2008年ぐらい。つまり「リーマンショック」が起きたころですね。もし、このときのような世界的な経済不安が起こると、豪ドル/円もここまで落ちたり、上がったりする可能性は「ある」ということになりますよね。

ですので、ある程度のポジションを持っていて、この最高値、最安値が来た場合でも・・・ロストカットされない基準を見る必要があります。

我が家がこれまで米ドル/円を運用してきた感覚でいうと、ある程度利益を出していくには、トラップの基本ベースは少なくとも0・2円刻みで設定したいと思っています。

トラリピ・「買い」ポジションをシミュレーション

そこでトラリピのらくトラ運用試算表の出番です。トラリピのマネースクエアで口座を開けば誰でも使うことができますよ。

まず「買い」です。FX界隈では「ロング」と言いますが、あんまりわかりやすい表現ではないので、ここでは「買い」と表現しますね。

このようにらくトラ運用試算表を開いたら、必要事項を入力します。

らくトラ運用試算表

各項目の打ち込んだ情報はこんな感じ。

【豪ドル/円】 買い

◆運用予定額・・・700,000円

◆レンジ幅 ・・・75円~80円(0・2円刻みでトラップを仕掛ける)

◆仕掛ける本数・・26本 【5円×5本(1円あたり)+1(植木算なので)】

◆1本あたり通貨・・・0.1万通貨 (最小の1000通貨ということ。)

◆1回あたりの利益・・・500円

一番上限の80円から0・2円刻みで5円分、すべてポジションをとった場合を想定しての設定です。この設定だとロスカットがいくらになるかというと・・・

らくトラう運用試算表

約53円でロスカットされることがわかりました。

これまでの下限の値までは耐えられるということです。とすると、これまでの下限だった55円も大丈夫!ということになりますね。

ということで、買いポジションとしては26本、というのがひとつの目安になると思います。

もちろんそれ以上持つことも可能ですが、そうするとロスカット値がどんどん上がっていきます。まずはそのことを頭に留めておいてトレードしていこうと思います。

今度は、「売り」をシミュレーション

では今度は「売り」のほうはどうでしょうか?

再度、らくトラ運用試算表に必要事項を打ち込みます。

【豪ドル/円】 売り

◆運用予定額・・・700,000円

◆レンジ幅 ・・・80円~85円(0・2円刻みでトラップを仕掛ける)

◆仕掛ける本数・・26本 【5円×5本(1円あたり)+1(植木算なので)】

◆1本あたり通貨・・・0.1万通貨 (最小の1000通貨ということ。)

◆1回あたりの利益・・・500円

その結果がこちらです。

らくトラ運用試算表

約106円でロスカットされることがわかりました。

とすると上限が110円なので、この設定だとそこまでは耐えられないことになります。「買い」と同じようには持てないということですね。

トラリピ・豪ドル/円のトラップを具体的に考察!

以上を踏まえて、いよいよトラリピの設定です。

らくトラ運用試算表から、わが家ではとりあえずこんな感じで「買い」と「売り」を設定していこうと思います。

豪ドル/円 【買い】 ※基本0・2円刻みでトラップを仕掛ける

◆レンジ幅 ・・・75円~80円

◆仕掛ける本数・・26本

◆1本あたり通貨・・・0.1万通貨

◆1回あたりの利益・・・500円

◆決済トレール・・・「あり」

◆ストップロス・・・「なし」 ※損切りはしません!

※下げ相場中なので、レンジ幅はここから要調整

豪ドル/円 【売り】 ※基本0・4円刻みでトラップを仕掛ける

◆レンジ幅 ・・・80円~85円

◆仕掛ける本数・・13本

◆1本あたり通貨・・・0.1万通貨

◆1回あたりの利益・・・500円

◆決済トレール・・・「あり」

◆ストップロス・・・「なし」 ※損切りはしません!

 

ポイント:「売り」は、0・4円刻みに!

ポイントは「売り」を0・4円刻みにしたところです。

らくトラ資産運用表では、「売り」は0・2円だと上限の110円までもたないことがわかりましたよね。

なので、少しゆるーい設定にしたわけです。

Akoさん
Akoさん
ひとつ質問!なぜ、0・3円刻みじゃないの?

 

確かにそうですよね。0・4円刻みにしたのにはワケがあります。

これは、今後こんな青写真を描いているからです。

0・4円刻み スタート ⇒資金が増えていったら ⇒0・2円刻みに変更!

⇒さらに資金が増えたら・・・ ⇒0・1円刻みに!

今は運用資金が少ないですが、今後、利益が積みあがっていけば、証拠金に余裕が生まれます。そうしたら0・2円刻みに。そしてこの0・2円刻みでまたうまく利益が増えたら・・今度は0・1円刻みへとレベルアップしていきたいわけです。

そのためには、0・3円刻みだと非常にやりにくい。その半分だと0・15円。さらにその半分は・・・って考えると、設定が面倒くさくなっていきますよね。

0・4円刻みなら、その後の追加設定がラクなわけです。

また豪ドル/円を「売り」でもつと、マイナススワップが発生します。今だと1万通貨で一日50円ぐらい引かれる感じですね。

今、トライオートFXで運用している米ドル/円では、毎日90円ぐらいのマイナススワップが出ていて、ちょっとしたストレスになっています。

ということもあり、あまり「売り」が増えないよう注意する必要があります。そういう意味でも、「売り」はちょっとゆるめの設定にしようかと思います。

さらに「買い」と「売り」をオーバーラップ

もうひとつ工夫したことがあります。「売り」を0・4円刻みにすると当然トラップの数は少なくなり、利益が減少しますよね。

そこで中心線80円から82円ぐらいまでのゾーンは、「買い」のポジションも0・4円刻みで入れて、ここだけ「両建て」の空間を作りたいと思います。

トラリピ豪ドルこんなイメージですね。

ということで、この80円から82円にも「買い」のトラリピをしかけます。

豪ドル/円 【買い】 ※基本0・4円刻みでトラップを仕掛ける

◆レンジ幅 ・・・80・4円~82円

◆仕掛ける本数・・7本

◆1本あたり通貨・・・0.1万通貨

◆1回あたりの利益・・・500円

◆決済トレール・・・「あり」

◆ストップロス・・・「なし」

うーん、0・2円刻みでもいいかなーと思いますが・・・。

ここはちょっとやりながら考えていきますネ。

簡単!トラリピの設定方法

これでとりあえずのトラリピの運用方針が決まりました!

これを具体的にトラリピの設定画面に落とし込んでいきます。面倒くさい!とか難しそう!と思う方もいるかもれしませんが、やってみると、めちゃくちゃカンタンです。

まずはトラリピのマイページにログイン。さらにそこから「トレードログイン」します。

するとこんな画面になりますので、「らくトラ」をクリックします。

トラリピ設定

ここから先は、質問に答える形でトラップを設定していきます。

トラリピ

こんな風な質問形式になっているので、とても簡単です。先ほどのプランどおりに各項目を入力していきます。

トラリピ

「次へ」をクリックすると、またこんな画面になりますので、こちらも先ほどのプラン通りに打ち込んでいきます。

そのほかにも「トレール」の有無や「ストップロス」の設定のページがあります。こちらも打ち込んでいきましょう。

トラリピ

設定が終わると、この確認画面になります。右上の内容確認でちゃんとプランどおりになっているか、チェックしましょう。

左側には指定したプランでのトラップがすべて表示されます。これで注文すればオーケーです。

Akoさん
Akoさん
やってみると意外と簡単!
シソビ
シソビ
トラリピは、さすがによくできている。設定がとても親切で使いやすい。

まとめ

ということで、豪ドル/円のトラップの決め方から具体的な設定方法まで、一通り作業は終わりました。

わが家は先週の金曜からこのプログラムを稼働させました。現在のレートは、78円90銭あたり。下げ相場ということもあって、さっそく5つぐらい「買い」ポジションが発生しています。

これでどれぐらい利益が出るか?まずは様子見で運転していきます。

無理はあくまでも禁物。まだまだ初心者なので、ロスカットされずに、2018年の年を越したいなーーと。

これからはトライオートFXのドル/円とともに運用成績を報告していきますよー。

 

■↓トラリピの口座開設はこちらから♪↓

マネースクエア

マネースクエア

 

■FX自動売買に興味がある方‼こちらもご覧ください♪

◆FXで一番大事なロスカットに遭わないための対策を記事にしました↓

あわせて読みたい
FXで絶対に知っておきたい!「ロスカット」を超わかりやすく、解説FXの自動売買をやる上で絶対に知っておきたい「ロスカット」。でもロスカットって何なの?なんとなくはわかっていても、細かいところまではわからない!という方も多いと思います。そこで、ロスカットとは何なのか?またロスカットを決める上で大事な「証拠金維持率」について超わかりやすく解説しています。...
あわせて読みたい
FX自動売買でロスカットされない!3つの鉄のディフェンスわが家のFX自動売買ではとにかく「ロスカットされない運用」を心がけています。そのために、資金管理やトラップの本数を細かくシミュレーションしながら運用しています。この記事では、そんなわが家が心がけている3つのディフェンスについて解説しています。...
あわせて読みたい
ブログタイトル
超ビビリなわが家が、FX自動売買に力を入れられているワケわが家は夫・妻とも超ビビりな性格です。そんな二人がなぜことしからFXの自動売買に力を入れているのか?解説しています。「FXはアブナイ」というイメージを持っている方も多いと思います。それは使い方次第です。うまく使えばリスクを抑えて運用することはできます、その方法論を解説!...

 

◆トラリピでなぜ、豪ドル/円を選んだのか?わが家の考え方ところを解説しています↓

あわせて読みたい
トラリピ
【FX自動売買】トラリピで豪ドル/円を資金70万円でスタート!ことしからFXの自動売買をしているわが家では、今月から自動売買、第2弾としてトラリピで豪ドル/円をスタートさせました。運用資金は70万円です。なぜ、この資金設定にしたのか?そもそもなぜ豪ドル/円を選んだのか?考えてみました。...

 

◆こちらは今年2月から始めたドル/円のトライオートFX。利益が少しですが出てます↓

あわせて読みたい
トライオートFX
【FX自動売買】トライオートFX 今月はプラス4,393円!2018年8月のわが家のトライオートFXの運用報告です。FXの自動売買を始めておよそ半年。今月はあまり利益が出ませんでしたが・・・。その原因を考えつつ、翌月の戦略を探ります♪...