FX

トライオートFX、トラリピでロスカットされない!リスクを検証!

くう、ねる、ふやす

わが家ではことしからインヴァスト証券のトライオートFXとマネースクエアのトラリピというツールを使って、FX自動売買を始めています♪

トライオートFXについてはもう半年以上稼働。トラリピのほうも9月から始めて成績は上々といえると思います☺

ここしばらく成り行きに任せトレードしてきましたが、今の設定が本当にいいのか❓今一度検証してみたいと思います。

Akoさん
Akoさん
特にトライオートFXは売りポジションが溜まっているもんね。
シソビ
シソビ
そうそう、溜まる分にはいいんだけど、売りスワップが持ってかれて結構きついんだよね・・・

そうなのです。FX自動売買を始めたい!と思っている方、または興味がある方。わが家が運用してきた感覚でいうと、FX自動売買はリスクを考えながら使えれば、資産運用のツールとしてはなかなか優れていると思います👉

しかし、米ドル・円や豪ドル・円に関してはメジャーな通貨ながらも、金利が比較的高い通貨なので扱い方にやや注意が必要です。そしてとにかくロスカットされないよう、リスクを抑えつつ運用することが大事だと思っています。

そこでこの記事では、今のわが家のポジション状況を他山の石としながら、有効なトラップの設定を考えていきたいと思います。

FX自動売買って何?という方

◆FX自動売買に興味がある人

◆FX自動売買をやっていて、他人の設定を知りたい!という人

こうした方に向けて書いていきます。ぜひおつきあいください。

トライオートFXのポジションを確認!

まずはトライオートFXから見ていきます。現在のわが家のトライオートFXはこんな感じで稼働させています👉

トライオートFX  米ドル・円 【カスタム設定】

◆証拠金預託額:103万5,475円

◆評価損益:-17万600円

◆有効証拠金額:86万5,087円

◆証拠金維持率:723%

◆発注可能額:74万5,927円

含み損がおよそ17万円。証拠金維持率は723%です。

これに対して、保有しているポジションはこんな感じです。

トライオートFX

「買いポジション」が4本ほどに対し、「売りポジション」が20本近くあります💦

「買いポジション」のほうは全然、気にしていません。現在米ドルはドル高基調なのでもう少し円安に進む可能性は十分にありますし、仮にここから下落してもポジションをとらずにいれば含み損となるのは、4本ほど。

まあ大丈夫でしょう。

問題は「売りポジション」のほうです。

米ドル・円のスワップがけっこうきつい!

現在、アメリカは利上げを繰り返しています。対する日本は買い変わらずのマイナス金利政策。となると、両国の金利差が開いていて、それが如実にスワップポイントに反映されていきます。

トライオートFX スワップ

こちらトライオートFXのスワップカレンダーです。何と1万通貨で1日81円もマイナススワップが発生します。わが家は先ほど書いたように1000通貨で20本ほど持ってますから、2万通貨。

1日160円のマイナスが自動的に発生してしまっているのです😢

これだともう「売りポジション」を新たにとっていこうという気にはなかなかなれませんよね💦ポジションをとればとるほど、1日に引かれる値が大きくなりますので。

トライオートFXのリスク、レバレッジを可視化!

そしてこの20本の塩漬けされた売りポジションがどういうリスクを抱えているのか❓も見ていきます。

使うのは、わが家ではおなじみの「らくトラ運用試算表」。トラリピを運営しているマネースクエアで口座開設をすれば誰でも使える超便利なツールです🐷

らくトラ運用試算表

シミュレーションツールの都合上、数字は慣らして入力します。正確な値は出ないですが、まあいいです。どれぐらいリスクがあるのか?確認したいので、ざっくりで十分です。

運用資金は103万円。今のわが家が大体104円~112円の間でバラケて「売りポジション」が20本あるので、入力していきます。で「計算スタート」です♪

らくトラ運用試算表

結果はこうなりました。ロスカットの値が155円。つまり米ドル・円がここまで円安になったら運用資金103万円だとアウト‼ということになります。

ここで過去15年ほどの米ドル・円のチャートを見てみます。

米ドル・円チャート

これを見ると15年ぐらい前には、一時140円の円安になっています。そこまで上がることはなかなかないと思いますが、ずーっとない、とは言い切れません。

実際に過去になっていますからね👲

ただまだわが家の状態であれば、だいぶ余裕がありますね。よかった、良かった。

では、たとえば現在米ドル・円が113.6円付近なので、そこから「売り」をプラス10本仕掛けたとしたらどうなるか?

らくトラ運用試算表

こちらもまだ余裕はあります👪レバレッジは4倍弱。ロスカットは139円となりました。

ただ先ほど書いたように、今は「売りスワップ」で毎日削られるのがイタイのです。

ですので、米ドル・円に関してはしばらく「売りポジション」をとるのは控え、「買い」のみでがんばろうと思います♪

トライオートFXの設定

「売り」はしばらく様子見

☑「買い」を0.2円刻みでトラップ

トライオートFXのメリット:1クリックでトラップが自在

このわが家が使っている「トライオートFX」について少しふれます。この自動売買ツールはインヴァスト証券が『FXの最終形態』とうたうだけあり、トラップの設定がかなり自由にできます。これは大きなメリットです👉

トライオートFX

わが家の「カスタム設定」では、このようにトラップを細かく並べていますが、ひとつひとつのトラップを稼働させるかどうか?1クリックで簡単に出し引きすることができます。

赤色の電源ボタンは「稼働しているトラップ」、青色の色が落ちているのは「停止中のトラップ」です。

この電源ボタンを1クリックするだけで、簡単にトラップを稼働したり、停止したりすることができるんです。

「そこまで細かくやる必要あるの?」と思う人もいるかと思いますが、わが家はかなりビビリなので、ちょいちょい手を入れながら稼働させています♪これであれば「買いトラップ」も様子を見ながら、仕掛けていくことができますしね。

Akoさん
Akoさん
これは、しばらく持久戦ということかしら?
シソビ
シソビ
うん。円高が進んでまずは110円付近の売りポジションが解消されるでは耐えるしかないねー。

トラリピの設定・ポジション・スワップを確認

さて、続いてはトラリピです。こちらは豪ドル・円を運用しています。運用状況は次の通りです。

トラリピ/豪ドル・円の口座状況 

現金残高:72万4,841円

◆評価損益:-1万5,630円

レバレッジ:0.91倍

◆時価残高:71万411円

証拠金維持率:2768%

◆余剰残高:66万1,451円

運用資金は70万円でスタート。9月半ばから始め、2か月ほどで現在2万5000円ほどの利益が出ています。

含み損が1万5000円ほどありますが、全然気にしていません。証拠金維持率も2700%ほど。レバレッジもまだ1倍にも達していないので、大丈夫ですね♪

わが家のトラリピのトラップ設定は以下のとおりです。

トラリピのトラップ設定

◆「買い」トラップ

・78円~82円:0.4円刻み

◆「売り」トラップ

・78円~82円:0.4円刻み

先月は「買い」は0.2円刻みでトラップを仕掛けていましたが、これだと運用資金に対して少し多く仕掛け過ぎかなーと考え今月から少し値幅を広げ0.4円幅にしました。

これでも利益は出ているので問題はなさそうです。

ただこちらも気にすべきことの一つは、「売りスワップ」です。マネースクエアのHPでトラリピの豪ドル・円のスワップを見てみます。

トラリピ スワップ

こちらも1万通貨もつと、1日マイナス50円のスワップが発生しますね。「買い」と同じようにはあまり持たない方がいいみたいです。

トラリピの「売り・ショート」の設定を見直しを

ちなみにここ最近の豪ドル・円は、大変ありがたいことにレンジ相場です。

豪ドル・円

このように78円台~82円ぐらいの間を行ったり来たり。非常にトレードしやすい環境です♪で、ここ最近ですが、上のチャートの右側を見てください。豪ドル・円は円安方向にいきましたので、売りポジションが溜まっている状況です。

 

ご覧のように、1000通貨で8本保有しています。

これはこれでいいんですが、現在「買い」と「売り」は同じ0.4円刻み。実は「売り」はもう少し間隔を空けていいかなあと思っています。

それは先ほど書いた「売りスワップ」をあまり発生させたくない‼ということもひとつあります。仮に豪ドル・円が今後円安方向にドンドン進み、レンジからはずれていった場合、米ドル・円のように「売り」の塩漬けポジションが多く発生しないようにするためです。

ですので、しばらくは「売りポジション」の感覚を次のようにしてみたいと思います☀

トラリピのトラップ設定

◆「買い」トラップ

・78円~82円:0.4円刻み ⇒変更なし

 

◆「売り」トラップ

・78円~80円:0.6円刻み

・80円~82円:0.4円刻み

・82円~  :0.6円刻み

この売りトラップは、今のポジションがまだありますので、決済されるのを待ちつつ徐々に直してスタートしていこうと思います。

それまでは豪ドル・円のチャートがどのように動くか?にらっめこしながらの運用になりそうです。

トラリピのほうは「決済トレール」がいい方向に働いてくれ、運用自体は問題ありません。今後は、リスクをもう少し抑えながら、利益を積む方向にシフトしていきたいと思います。

そこで、こちらもわが家の設定がどうなのか❓「らくトラ運用試算表」でシミュレーションしてみます。

らくトラ運用試算表

仮にこのまま0.4円刻みでいったとして、90円まで円安が進んだ場合・・・

らくトラ運用試算表

その後、一切売りポジションを持たなかったとしても、約100円まで円安が進んでしまうとロスカットです。

そこで過去10年ほどの豪ドル・円のチャートを見てみましょう。すると・・・

豪ドル円

10年の間でも110円まで円安が進んだ例があります💦つまり0.4円刻みだと耐えられない可能性がある、ということになります。

そこで条件を変えずに90円まで売りポジションを持つ仮定で、0.6円刻みでシミュレーションしてみました。

らくトラ運用試算表

結果はご覧の通り、114円まで耐えられることがわかりました☺レバレッジも3倍ほど。それほど高くありません。

このように考えていくと、やはり「売り」は0.6円刻みのほうが安パイだということですかね♥

Akoさん
Akoさん
やっぱりロスカットになって資産を失うのが一番怖いねー
シソビ
シソビ
多少利益は落ちても、そこは守っていく、という考えが大事かも。

まとめ

ということで、わが家のトライオートFXとトラリピの設定を見直してきました。きょう考えてきたことをまとめると次のような感じです。

トライオートFXの運用

米ドル・円は売りスワップが一日160円発生中!

☑しばらく「売り」は仕掛けず「買い」のみでトレード

☑「買い」は様子を見ながら、0.2円刻みでトラップ

 

トラリピの運用

豪ドル・円も売りスワップが1万通貨で-50円発生

☑「売り」は「買い」よりもやや抑えめで!

☑0.6円刻みで「売り」を仕掛けると、安心♪

わが家はとにかく長く、安定して少しずつ利益を積み重ねていきたいと思っています。ですので、ロスカットにあわないための安全運用を目指しています。

とはいえ、まだ始めて1年もたっていません💦正直、試行錯誤の繰り返しです。どれぐらいの設定がいいのか?日々の運用の実感を含めて少しずつメンテナンスをしています。

ですので、このFX自動売買の設定に関しては、今後もまた定期的に見直していきたいと思いってます。最後まで読んでいただきありがとうございましたー。

 

◆わが家が愛用しているFX自動売買です。

■↓トライオートFXの口座開設はこちらからどうぞ♪↓

インヴァスト証券「トライオートFX」

 

■↓トラリピの口座開設はこちらから♪↓

マネースクエア

マネースクエア

↓ブログ村のランキングに参加中!応援クリックお願いします↓

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

関連記事はこちらからどうぞ!

■FX自動売買に興味がある方‼ こちらもオススメです♪

◆わが家が今メインに運用してるFX自動売買の10月の実績はこちらから↓

あわせて読みたい
くう、ねる、ふやす
【実績公開】トラリピでFX自動売買!10月はプラス10,807円でした!2018年9月の半ばになってから始めた豪ドル・円でのトラリピ。10月は1万円以上の利益が出ました!利益を上げるために行った設定から、トラリピ特有の「決済トレール」のメリットなど。運用た感想とわが家の設定の仕方を解説しています。...
あわせて読みたい
くう、ねる、ふやす
【実績公開】トライオートFX、10月はプラス759円でした!2018年10月のトライオートFXの運用成績は、プラス759円でした。わが家は2018年2月から、米ドル・円でFXの自動売買を始め、安定的に利益が積みあがっています。わが家の設定方法や自動売買で気をつけていることをこの記事では解説しています。...

 

◆なぜ、わが家のようなビビりな夫婦がFX自動売買にチャレンジしているのか?↓

あわせて読みたい
ブログタイトル
超ビビリなわが家が、FX自動売買に力を入れられているワケわが家は夫・妻とも超ビビりな性格です。そんな二人がなぜことしからFXの自動売買に力を入れているのか?解説しています。「FXはアブナイ」というイメージを持っている方も多いと思います。それは使い方次第です。うまく使えばリスクを抑えて運用することはできます、その方法論を解説!...

 

◆FX自動売買でロスカットにあわないための予防策を考えています↓

あわせて読みたい
FXで絶対に知っておきたい!「ロスカット」を超わかりやすく、解説FXの自動売買をやる上で絶対に知っておきたい「ロスカット」。でもロスカットって何なの?なんとなくはわかっていても、細かいところまではわからない!という方も多いと思います。そこで、ロスカットとは何なのか?またロスカットを決める上で大事な「証拠金維持率」について超わかりやすく解説しています。...
あわせて読みたい
FX自動売買でロスカットされない!3つの鉄のディフェンスわが家のFX自動売買ではとにかく「ロスカットされない運用」を心がけています。そのために、資金管理やトラップの本数を細かくシミュレーションしながら運用しています。この記事では、そんなわが家が心がけている3つのディフェンスについて解説しています。...