FX

【FX自動売買】トラリピとトライオートFXの設定を再検証!

くう、ねる、ふやす

わが家はことしの2月ごろから、FXの自動売買に力を入れています☺

2月からは米ドル・円をトライオートFXで‼運用資金は100万円を超えました。

9月からは豪ドル・円をトラリピで運用しています。こちらは70万円の資金で始めました💰

成績は、明らかにトラリピのほうが好調で、トライオートFXのほうは、うーん、ちょっと困ったなーと。これは別にトライオートFXがイケていないのではなく、単にわが家の運用の問題です💦

 

Akoさん
Akoさん
でも、確かにトライオートFXの米ドル・円は運用成績がイマイチだよね。何が悪いの?
シソビ
シソビ
すいません。いろいろ原因がありそうだが・・・

☑売りスワップが大きい

☑証拠金維持率が下がっている

このあたりに原因がありそうな気がする。。

 

この記事ではわが家のトラリピとトライオートFXのトラップの設定を検証していきます。

何が悪いのか?改善点が見えてくれば、わが家の設定にどんどん反映していきます。また、こうした試行錯誤を公開することで、少しでもみなさんの参考になればウレシイですしね👉

ということで、この記事は・・・

FX自動売買って、ホントに儲かるの?という半信半疑な人

◆トラップ系のFX自動売買に興味がある人

◆トラリピ・トライオートFXを稼働させて、人の設定に興味がある方

こんな方々にむけて書いていきます。おつきあいください。

わが家のトライオートFXの現状は?

まずはしっかりと現状把握ということで、わが家の米ドル・円のトライオートFXのほうから見ていきましょう♪

最初に口座状況など、10月14日現在のデータで見ていきます。

◆証拠金預託額:102万605円

◆有効証拠金額:87万9,518円(証拠金維持率:709%)

◆評価損益:-14万1,087円

◆発注可能額:75万5,318円

はい、こんな感じです。

入金額は102万。証拠金維持率は700%ほどです。含み損が14万ぐらいありますが、まあ、これはいつかは決済されるまで放置です。あんまり気にしていません💹

3・5倍ぐらいのレバレッジになっているでしょうか。

じゃあ、肝心のトラップの設定はどうなっているか?こちらです。

【トライオートFX 米ドル・円 トラップ】

◆トラップはすべてトラリピのようにトラップリピートイフダンで!

(決済されても、設定した値に戻ったらリピートでポジションをとる)

◆仕掛け幅:「買い」「売り」ともに0・2円幅

⇒ただし相場のトレンドを見て、「売り」はその都度で判断

◆決済:+500円(+50pips)

◆損切り:なし

わが家は、当初はトラリピのいわゆる「ハーフ&ハーフ」で「買い」と「売り」を110円を境にして明確に分けていました。

だけど、それだとあまり利益が出ないなー、と思ったのでこうした設定に変えています♪

この設定にしたワケは、もちろん思うところがあってそうしたのですが・・・

ここに触れていくとキリがないので、今回はここは飛ばします。また改めてここは記事にしたいと思います♥

で次に進みますと、証拠金維持率自体は700%ほどと、それほどピンチになっていないです。

しかし実は、問題点がいくつかあります💦

米ドル・円:売りポジションが抱える弊害

そこでわが家の今の抱えている「売りポジション」を見てみます。

くう、ねる、ふやす

決済されない「売りポジション」が20本あります。1本1000通貨です。実質2万通貨、売りで米ドル・円を持っています。FX自動売買を始めたときは気にしていませんでしたが、実はこれがいくつかトレードをしにくくしています😢

具体的には次の2点です。

売りポジが溜まった弊害

その①:売りスワップが毎日発生する

その②:ポジションがとりづらくなる

一つずつ解説していきます。

その①:売りスワップが毎日発生する

最初は「売りスワップ」についてです。

ご存じのように米ドル・円を保有すると「買い」ではスワップがプラスでつきますが、「売り」は反対にマイナスになります💰

こちらはトライオートFXを運営するインヴァスト証券のスワップカレンダーです。

トライオートFX

この10月は、米ドル・円1万通貨あたり、1日76円のマイナスの売りスワップが発生しています。先週は81円だったんですね💦

わが家のように2万通貨持つと、このマイナススワップが1日で150円以上発生することになります。

1か月を30日と換算すると、月4500円ものマイナスです😢

これがわが家のような運用資金が少ない家庭ですと、ボディブローのように効いてきます。ドラクエでいう、呪いの武器と防具で戦っている感じです(笑)

幸いにもトータルでマイナスになるほどではありませんが、せっかくの利益が少しずつ削られていきます。

思ったのは、こういう売りスワップで高いマイナスが発生する通貨では、「買い」と同様の仕掛け幅で「売り」ポジションは持たないほうがよいのかもしれません。

米ドル・円の場合、「売り」は、「買い」ポジションの半分ぐらいがちょうどいいのかもしれません。

「買い」が0・2円刻みだったら、「売り」は0・4円刻みです。

◆米ドル・円で「売り」を多く持つと、マイナススワップに苦しむことに!

 

その②:ポジションがとりづらくなる

そしてもうひとつは、心理的な部分にかかわってきます。さっきの売りスワップの高さ、そしてポジション一つとるたびにかかる必要証拠金・・・それらを気にして、積極的に売りでのポジションがとりにくくなるんです。

これは、完全に超ビビリなわが家の場合で、みなさんがそうというワケではありませんよ☺

先ほどみたように、1000通貨で1つ売りポジションが増えるだけで、一日に7円~8円マイナスが加算されます。さらに、ポジションをとったときにかかるのが必要証拠金ですよね。

こちらもどれぐらいかかるか、インヴァスト証券のHPで調べてみました。

トライオートFX

はい、この赤枠のところを見てください。

今現在、米ドル・円は112円ほどです。すると、1000通貨あたり4,600円必要なことがわかりますね。

つまりわが家の設定だと、今は「売り」のほうが「買い」よりもポジションが多いので、売りポジション1つとるごとに4,600円かかってくるというわけです。

今わが家の証拠金維持率は、先ほど見たように700%ほどです。これで売りポジション一つとると、30%ちょっと証拠金維持率がマイナスになります。

1円の間で5本仕掛けたら、マイナス150%、2円であれば10本となりますのでマイナス300%・・・ちょっと証拠金維持率が厳しくなってきます⤵

このあたりが気になってきて、思うように売りポジションがとれなくなってきました。

そうするとどういうことが起きたか、こちらの米ドル・円の4時間足のチャートをご覧ください。赤い足・青い足2種類ありますが、1本が4時間の値動きを表しています。

大体9月下旬から10月中旬までの値動きを表しています💹

米ドル・円 チャート

で、見ていただくとわかるようにここしばらくは米ドル・円はずっとドル高・円安になっていました。

しかし記憶によると先週から、円高にトレンドが変わりました

ざっと2円以上円高になっています。

通常であれば、ここはわが家的には「売りゾーン」なので、売りポジションを仕掛けていて利益UP⤴のところだったのですが・・・

さっき言った証拠金維持率が下がることを恐れ、売りポジションをとっていませんでした・・・😢

これはいけません❕

このFX自動売買は、機械的にトレードするからこそのメリットがあります。つまり、「ここは仕掛けよう」「ここは仕掛けるのをやめとこう」とか個人の感情や考えを排除して淡々とやるからこそ、利益が出るのです。

そこを証拠金維持率が下がるからと、自分の裁量でトレードし始めたら・・・

このように利益が出るところも利益が出なくなってしまいます。

ということで、これは完全に✖です。ポジションがとりづらくなったってことは、それまでのポジションの取り方がいけなかったんですね。

つまり「売りポジション」を0・2円刻みで仕掛けていくというのは、今のわが家のメンタルですと、スワップ的にも。証拠金維持率的にも無理があったという結論になります。

◆証拠金維持率が下がってくると、新たなポジションがとりづらくなる!

 

ロスカットはされないよう計算していたけど・・・

ちなみに証拠金維持率が下がってはいますが、実はロスカットされないよう初心者なりに色々と計算はしています。

なんか言い訳がましいですが・・・

一応、売りポジションはたくさん抱えていますが、今の計算だとそう簡単にはロスカットにはなりません。(って、そりゃそうか。)

ロスカットされちゃうと、資金の多くを失ってしまうので、これだけは絶対に避ける!というのがわが家の大方針です。そのロスカットをどう避けるか?については、これまでいくつか記事にしてきましたので、ぜひこちらもご覧ください↓

あわせて読みたい
FXで絶対に知っておきたい!「ロスカット」を超わかりやすく、解説FXの自動売買をやる上で絶対に知っておきたい「ロスカット」。でもロスカットって何なの?なんとなくはわかっていても、細かいところまではわからない!という方も多いと思います。そこで、ロスカットとは何なのか?またロスカットを決める上で大事な「証拠金維持率」について超わかりやすく解説しています。...
あわせて読みたい
FX自動売買でロスカットされない!3つの鉄のディフェンスわが家のFX自動売買ではとにかく「ロスカットされない運用」を心がけています。そのために、資金管理やトラップの本数を細かくシミュレーションしながら運用しています。この記事では、そんなわが家が心がけている3つのディフェンスについて解説しています。...

 

ただ、いくらロスカットに気をつけていても、ポジションがとれなくなる・・・という心理的なことはあまり考えてきませんでした。。

まあ、証拠金維持率が700%だろうが、これまでどおり「売り」でポジションとってもいいのかもしれませんが・・・あんまりやりすぎると、痛い目に遭います。

ここはビビリなところで止めて、設定を変えるのが無難な選択だと思っています🐷

一方、トラリピ、豪ドル・円は好調!

そこらあたりの反省を踏まえて、9月から取り組み始めたのが、トラリピの豪ドル・円です。70万円の資金で始めて、1か月ちょっと経ちました‼

こちらの設定はこんな感じです。

◆トラリピ 豪ドル・円の設定

☑買い:0・2円刻み

☑売り:0・4円刻み

☑決済:300円(トレールあり)

☑損切り:なし

☑レンジ:両建て

で、今の豪ドル・円のチャートですが、ちょうどわが家が設定した相場の中心線で為替が動いています♪

くう、ねる、ふやす

80円近辺の中心線では、利益がより出るように両建てにしていますが、ご覧の通りボックス相場でこのあたりをうろちょろする値動きになっていますので、非常に順調にトレードできています。

豪ドル・円も売りポジションを持ちすぎると、マイナススワップが大きい通貨ですが、米ドル・円の反省を踏まえ、半分にしていますのでマイナススワップはほとんど発生していません

くう、ねる、ふやす

そのおかげもあって、トラリピのほうは順調に利益が積みあがっています💰

ということで、トラリピのほうはこのままでいいとして、今後はトライオートFXのほうですね。

とは言っても何もしようがありませんが。。。まずはトライオートFXの売りポジションが早く決済されることを願って👼

このFX自動売買の設定については、もう少し書きたいことがあるので、それはまた別の機会に書いていきます。ではまたーー。

 

■↓トライオートFXの口座開設はこちらからどうぞ♪↓

インヴァスト証券「トライオートFX」

 

■↓トラリピの口座開設はこちらから♪↓

マネースクエア

マネースクエア

 

FX自動売買に興味がある方 こちらもオススメです ↓

◆わが家のFX自動売買の実績はこちらから‼ ↓

あわせて読みたい
くう、ねる、ふやす
【実績公開】トラリピで豪ドル・円 わずか半月で+7,676円!わが家では2018年9月からFX自動売買第2弾として、トラリピで豪ドル・円の運用を始めました。 運用資金は70万円でスタート&#x...
あわせて読みたい
【実績公開】トライオートFX、9月はプラス5,882円でした!2018年9月のトライオートFXの運用成績は、プラス5,882円でした。わが家は2018年2月から、米ドル・円でFXの自動売買を始め、安定的に利益が積みあがっています。わが家の設定方法や自動売買で気をつけていることをこの記事では解説しています。...

 

◆これまでのFX自動売買の設定、わが家の目標についてはこちらから♪ ↓

あわせて読みたい
トライオートFX
「トライオートFX」で自動売買スタート! 投資1年目の目標は?わが家では、ことしからFXの自動売買のひとつ、インヴァスト証券の「トライオートFX」を運用しています。はじめて半年、すでに安定した利益が出ています!ロスカットされないためにはどうしたらいいのか?安定した資産運用のやり方を検証中!...
あわせて読みたい
ブログタイトル
超ビビリなわが家が、FX自動売買に力を入れられているワケわが家は夫・妻とも超ビビりな性格です。そんな二人がなぜことしからFXの自動売買に力を入れているのか?解説しています。「FXはアブナイ」というイメージを持っている方も多いと思います。それは使い方次第です。うまく使えばリスクを抑えて運用することはできます、その方法論を解説!...

 

◆わが家のFX自動売買で最も大切にしているロスカットについて、です ↓

あわせて読みたい
FXで絶対に知っておきたい!「ロスカット」を超わかりやすく、解説FXの自動売買をやる上で絶対に知っておきたい「ロスカット」。でもロスカットって何なの?なんとなくはわかっていても、細かいところまではわからない!という方も多いと思います。そこで、ロスカットとは何なのか?またロスカットを決める上で大事な「証拠金維持率」について超わかりやすく解説しています。...
あわせて読みたい
FX自動売買でロスカットされない!3つの鉄のディフェンスわが家のFX自動売買ではとにかく「ロスカットされない運用」を心がけています。そのために、資金管理やトラップの本数を細かくシミュレーションしながら運用しています。この記事では、そんなわが家が心がけている3つのディフェンスについて解説しています。...