FX 自動売買

「トライオートFX」で自動売買スタート! 投資1年目の目標は?

トライオートFX

わが家では、ことしからFXの自動売買資産運用のひとつの柱としています。

今年1年は様子見でまずは慣れていければいいと思っていて、まずは基本のドル/円で80万円の運用資金でスタートさせました。それを年利10%で運用するのが目標です。

順調に利益も出ています( ´艸`)

そしてやってみると、これがなかなかおもしろくて、今後どう戦略を立てていこうかな、と楽しみで仕方がありません。

しかし中には「FX!!危険じゃない!」と思った方もいるかもしれませんねー。

だけどあえてこう言いたい!

それはFXのことを十分知っているうえで言っていますか?

FXはリスクはもちろんあります。

ある程度のリターンをねらっていきますので、リスクがあるのは当然のことです。しかしFXの自動売買は、そのリスクをこちらの裁量で、ある程度コントロールすることも可能なのが最大の魅力だと思います。

なので、いまだに「FXは危険だからやめなさい!」というお金の専門家が多いのは、わが家的には残念です。

FXはよく「レバレッジが25倍まで取り引きできるのが危険だ!」と言われますが、そのレバレッジは資金管理をこちらで意識的にしっかりすれば、リスクを抑えて運用することができます。

そこでこの記事では、投資の初心者がFXの自動売買を始めてみた実感とわが家の1年目の目標というか戦略について書いていきたいと思います。

わが家がFX自動売買を始めたワケ

わが家ではけっこう前からFX自体に興味を持っていました。

右肩上がりを目指す株価とは違い、為替はある一定の範囲を行ったり、戻ったりを繰り返します。その経済の流れに乗れば、株価とは違った形で、資産を増やす手段になるなーと思ったからです。

FXは「買い」でも「売り」でも入れます。

これも大きな魅力でした。

ただいきなり口座を開設して資金を突っ込むのは危険だと思ったので、デモトレードをやってみました。

すると相場の動きが全然読めないんです・・・。

わが家ではけっこうテクニカル分析は勉強して、実はそうしたことを学ぶ有料の講座(けっこう高かったぞ!)を受け、しっかり対策したにも関わらず、です。

上がったと思って、「買い」を入れると・・・下がり。

下がったと思って、「売り」を入れると・・・上がり。

安定的な利益にはならず、いわゆる裁量トレードは自分には合わないなーと。

そんなときに出会ったのが、FXの自動売買でした。

「相場を予想しなくていい!」FX自動売買の魅力

FXの自動売買は各社いろいろなものが今では出ていますが、その元祖であり老舗のマネースクウェアのHPに、とてもわかりやすいものがあるので引用させていただくと・・・

 

 (出典:マネースクウェアHPより)

ここにトラップとありますが、FXの自動売買では、まずどういう戦略で「買い」「売り」の注文を出していくか、プログラムを組んで決めていきます。事前に、少額の取引量で多数の注文を出しておくんです。

注文では、買値(いくらでポジションをとるか)、

そして売値(いくらでそのポジションを決済するか)、

そのほかに損切りの値を決めておきます。

あとは為替の日々の値動きで設定した値になれば、自動的に注文が発注され決済されるという仕組みです。以下のようなイメージです。

(出典:マネースクウェアHPより)

これだと発注時点で、相場が今後上がるか下がるかを予想する必要はありません。

為替が動く範囲を決めてしまえば、あとは注文が発注され決済されるのを待つだけ!

ある意味、ほったらかしで運用できるのが最大の魅力なわけです。

まずは、ドル/円を「トライオートFX」で!

ということでわが家ではことしの2月から、米ドル・円をインヴァスト証券の「トライオートFX」という自動売買のシステムで運用しています。

え?マネースクウェアのトラリピじゃないのかって??

トラリピは1回の取引の手数料が他社と比べて高いのがデメリットです。それに比べるとトライオートFXは、手数料が安いということがひとつ。

そしてもうひとつは「FXの最終形態」と宣伝しているように、自分の資産状況や好みにあわせて様々な設定が可能だということです。

たとえば・・・

あらかじめパッケージ化されている自動売買のプログラムを選んで使うこともできますし・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(出典:インヴァスト証券HPより)

また一本一本注文を細かく設定して、独自の自動売買プログラムを作ることも可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わが家ではFXの自動売買は長い間お世話になりたいと思っています。ですのでまずは基礎からしっかり学びたい!ということで、基本の米ドル・円を自分でプログラムを組んで運用することにしました。

スタート資金は80万円!半年後の今はいくらに?

わが家が用意した運用資金は、80万円です。貯蓄を取り崩した現金と投資信託の一部を売却して、80万円を確保しました。

もちろんこのお金は資産でいう余裕資金から捻出しています。

2月からスタートして8月中旬の現在、その資金がどうなったかというと・・・

 

 

97万円になりました!

え!17万も利益が出たの?と思われるかもしれませんが、そうではありません。

実は毎月の給与から、2万円ぐらいを目標に積み立て、運用資金を増やしているんです。ということで、その積み立て分が10万円ほどあります。

ただそれでも、利益だけですでに6万円ぐらいは出ています。

わが家は年利10%の資産運用を目指しています。初期資金は80万円ですから、ことしは8万円の利益が出ればOK。たぶんクリアできるでしょう。

資金を積み立て、もっと運用を大きく!ラクに!!

わが家では、この積み立てをかなり重視しています。

なぜなら運用資金が大きくなればなるほど、より細かくポジションをとることができ、利益を伸ばすことができるからです。

毎月お金を積み立てていきながら、実際に運用もスタートさせて、為替相場にも慣れていく。そして運用も伸ばしていく。それがことし1年のわが家の目標です。

そしてこのFXでは、ロスカットされないことが運用の大前提です。ことしは1年間ロスカットに遭わないように十分な証拠金を積み、安全な運用を心がけたいと思っています。

こちらを見るとわかるように、証拠金維持率は942%。レバレッジでいうと2・5倍をちょっと上回るぐらいの倍率です。

慣れてきたら、もう少し攻めたいと思いますが、今はまあこれぐらいの安全運転がいいかなーと。

安全に少しずつ、そして着実に資金を増やしていくますよ!