FX

【実績公開】トライオートFX、9月はプラス5,882円でした!

わが家では今年2月から、トライオートFXという自動売買ツールを使って、米ドル・円を運用しています♪

運用資金は80万円でスタートして、現在100万円を超えています☺1年目にしてはなかなか順調だなーと思っています。

わが家では、そのトライオートFXでどれぐらい利益が出たのか?毎月の結果をご報告していきたいと思っています。というわけで、この記事は2018年9月の運用報告です❕

 

Akoさん
Akoさん
9月は円安が進んだみたいだけど、どうだったの?
シソビ
シソビ
今月はプラス〇円だった。売りスワップのマイナス分がけっこう足を引っ張っている感じがする・・・

 

はい、9月の成績は5,882円でした💰

 

シソビ
シソビ
多くもなく~、まったくダメなわけでもなく~。。微妙な感じだね。

 

9月は後半にアメリカがまた利上げを発表して、円安・ドル高が進みましたよね。それに合わせてわが家も一応利益が出ています。

この記事ではわが家の2018年9月のトライオートFXの運用を振り返るとともに、運用の反省も書いていきたいと思います♪

もちろん、わが家のトラップの設定方法もお伝えしますので、良くも悪くもご参考にもらえるとウレシイです☺

◆FX自動売買に興味がある方

◆FX自動売買って危ないんじゃないの?と疑問をお持ちの方

◆どうやってFX自動売買って運用するの?という人

 

こんな方々にむけて書いています。では早速いってみましょう!

トライオートFX 9月の運用利益は5,882円です!

ということで、9月の運用実績はプラス5,882円です。利益は積みあがっていっていますが、本当に少しずつ。

ただ9月は相場が一方向に動くことが多かったので、とってもラクでした。

9月に米ドル・円がどう動いたか、振り返ってみます。

米ドル・円 2018年9月

ご覧いただいたらすぐにわかるように、基本右肩上がりです。ドル高・円安です。

111円台から一時は114円まで一気に3円近く為替が動きました。

米中貿易戦争の関税率が当初の予想より低かったこと、またアメリカが予定通り利上げをしたことでドルが買われる要因が先月も続きました。

ドルが強いです👊

ちょっと最初のころのデータがないですが、これまでのトライオートFXの利益の推移を見てみます。

累計利益は7万円を突破しましたよ♪

トライオートFXを始めた3月と4月は、今思えばかなりアグレッシブな設定をしていたので、1か月に数万円という利益が出ました。ただこれを続けるとキケンな感じがしたので、今は安全に運用できるよう、少しディフェンシブな設定にしています。

初期資金は80万円でスタートしました。あと1万円利益が積みあがると、8万円になります。わが家の目標は年利10%程度ですので、もうすぐ目標をクリアできます。

楽しみですね👉

わが家のトライオートFXの設定は?

では、わが家のトライオートFXの設定はどうだったのか?

◆米ドル・円 【カスタム設定】

●買い

●0・2円で刻みで1本ずつ(取り引きは1,000通貨単位)

●利確幅:50pips(0・5円上がったら+500円で決済)

●カウンター:同額

●損切り:なし

 

基本トラリピのようにリピートイフダンでトラップを仕掛けています。「買い」をベースに0・2円刻み。利確は50pipsです。チャートで照らし合わせると、こんな感じです。

トライオートFX

実はこの運用は、これまでの設定を見直してこうしました。

というのも、以前わが家は、トラリピのハーフ&ハーフという考え方で運用することを心がけていたんですね。

ハーフ&ハーフというのは、幅広いレンジ(ドル円だったら95円~125円ぐらい)の中心線(110円)を境にそこから下は「買い」、上は「売り」とロングとショートの注文を分ける手法のことです。トラリピ ハーフ&ハーフ

こういうイメージです。

トラリピを運営するマネースクエアのHPに詳しいことが書いています。わからない方はこちらもご覧いただければ、メリットがよくわかると思います♪

ただこのハーフ&ハーフで運用するとおわかりのように、9月のような円安相場だと、売りのポジションだけが増えていくことになります。含み損や毎日の売りスワップなどマイナス要素だけが積みあがっていきます。

そしてせっかくのドル高相場で利益が取れません😢

ですので、こうした明らかなトレンド(円高とか円安の方向性ですね)が出ているときは順張りで乗っかっていったほうがいいかなーと思って、9月は「買い」の注文で攻めてみました。これが結果的には功を奏しました💰

またわが家はこの米ドル・円の運用に関しては、105円近辺と110円近辺で「売り」のトラップが決済されないまま「塩漬け」になっていることも、「買い」で攻めた理由の一つです。

トライオートFX

よくよくポジション数を数えてみると、以前別の記事で書いていたより、多くのポジションが残っているみたいです・・・💦

1000通貨で21本ぐらい。2万通貨以上「売り」で保有していることになります。

これらのポジションが塩漬けになっていて、証拠金維持率が下がってきているので、これ以上「売り」ポジションを持ちたくない、という感じです。

売りスワップも毎日100円以上マイナスでとられています😢

これがけっこうなボディーブロー。呪いがかかった武器と防具で戦い続けている・・・というのが一番近い実感です。

トライオートFXのわが家の口座状況

そんなわが家の口座状況はどれぐらいのものでしょうか。まとめてみました。(2018年10月4日現在)

◆証拠金預託額:102万2,015円

◆有効証拠金額:850,526円(710%)

◆評価損益:-171,834円

◆発注可能額:730,788円

まずは大事な有効証拠金額と含み損を見てみます。

現在、含み損はおよそ17万円。だいぶ増えています。これは塩漬けされた「売り」ポジションを持っているためです。円安に為替が動けば、当然増えていきます。

まあ。しょうがいないですね。あんまり気にはしていません。あくまで含み損なので、決済しなければいいんです。

そしてこのFX自動売買では、ロスカットされないことが一番大事なことだと思っています。そこに大きく関わる証拠金維持率は・・・710%。

だんだん下がってきました💦まだ安全圏内と考えていますが、これが今後どうなっていくか?は注視していかないといけないです。500%を切ってくると・・・

ちょっと考えものですね。

毎月2万円の積み立ては、今月もコンプリート!

そんな中で、自動売買の利益とは別に、わが家は給料から毎月2万円を足していって運用資金を増やしています。

今月も給料が入ったところで速攻で入金しました❕

見にくいですが、運用資金がようやく100万円を突破し、102万円になりました

なんでこんなことをしているのかというと、わが家はまず150万円の運用資金に早く到達したいと考えています。もちろん利益は出ていますが、それだけだと150万円に達するまでには長い時間がかかってしまいます。

わが家の計算ですと、150万円ほどあると、もう少し自動売買のトラップで攻めの運用ができると思っています。そのために、今は余裕資金を毎月積み立てて早く、早く運用資金が増えるようがんばっているんです。

そのあたりの根拠については、こちらの記事で解説しています。よければご覧ください。

あわせて読みたい
トライオートFX
トライオートFXで自動売買!注文の設定はどうする?トライオートFXでカスタムの自動売買プログラムを作る際、重要なのがいくらで買って?いくらで売るか?また本数をどれぐらい仕掛けるか?などの注文の設定です。そのためには投入資金に応じた設定が必要になってきます。この記事では、リスクを考えながら、どう注文の設定をするか?お伝えしています。...

 

まとめ

トライオートFXは、いま「自動売買セレクト」というプログラムをパッケージ化したものが人気です。

特に「豪ドル・NZドル」のコアレンジャーというロジックは、かなりのパフォーマンスをあげていてわが家もビックリしています。

それに対してわが家はカスタム設定といって、自分で自動売買のロジックを組み立てていくものです。残念ながらパフォーマンスという意味では、コアレンジャーには劣っていると思います。

ただわが家はFX自動売買1年目。まずは自動売買の考え方をしっかり身に着け、とにかくロスカットされないよう運用していきたいと思っています。

そういう意味では、カスタム設定から学ぶことは多いです♥

また10月分の結果が出ましたら、こちらも報告をしていきたいと思いま~す。

 

■↓トライオートFXの口座開設はこちらからどうぞ♪↓

インヴァスト証券「トライオートFX」