FX

ドル円・豪ドルが円高そして円安へ!トライオートFX、トラリピの売りポジション決済!

くう、ねる、ふやす

わが家では、去年からトライオートFXトラリピというFXの自動売買ツールを使った資産運用に取り組んでいます。

これまでそれぞれの実績を月一度報告してきましたが、1か月たつとけっこういろいろなことが起こるので、可能な時は月の半分を過ぎたところで途中経過を報告していきたいと思います☺

ということで、2019年年明けから1月15日までの利益をどれぐらい上げたのか?詳細に見ていきたいと思います。ちなみに、この記事は1月15日段階のデータをもとに、わが家のFX自動売買の成績をお伝えしていきます。

Akoさん
Akoさん
今、トラリピは好調だけど、トライオートFXはイマイチなんだよね。状況は変わった?
シソビ
シソビ
年末から年明けの円高で、だいぶ回復してきたよ♪

はい、結論から申し上げると・・・

◆米ドル・円(トライオートFX):かなり状況が改善♪

◆豪ドル・円(トラリピ):先月に続き好調☺

こんな感じです。米ドル・円の状況がかなりいい方向にいきました👉これが最大にウレシイことですねー。

ということでこの記事は・・・

トライオートFXやトラリピ、FX自動売買に興味がある方

◆FX自動売買をやっていて、他人の設定を知りたい!という方

◆FX自動売買ってどれぐらいの利益が出るの?とギモンな方

こんな方々に向けて書いています。おつきあいください🐷

トライオートFX、トラリピ、利益はどちらもプラス

まず結論から。1月頭から半ばまで、FX自動売買の運用の結果を見てみます。

1月1日~15日までFX自動売買

米ドル・円(トライオートFX):プラス3,711円

☑豪ドル・円(トラリピ):プラス5,479円

豪ドル・円(トラリピ)がいい成績です。70万円で運用をスタートさせた豪ドル・円ですが、運用は順調ですね♪これだとプラス1万円以上も可能かもしれません。

ただ、これまでしばらくマイナスの成績だったトライオートFXがようやくプラスに転じました。しかも、トラリピにまあまあ肉薄するぐらいの利益を上げてくれています。

これまでの月別の利益の一覧を見てみます。

棒グラフの青線がトライオートFX、オレンジの線がトラリピです。ここ最近10月ごろからの成績を見てみると、トライオートFXはほとんど利益をあげず、トラリピが一人でがんばっている状態でした💦

どうしてこんなことになってしまったのか❓まずはトライオートFXのこれまでの状況から振り返ってみます。

米ドル・円、売りポジションの「スワップ」に注意

なぜ、トライオートFXで利益が積みあがっていかなかったのか?理由は単純です。

一言でいうなら・・・

シソビ
シソビ
「売りポジション」が重なっていたから!

です。では、どれぐらいの売りポジションがあったのか?こちらをご覧ください。

くう、ねる、ふやす

これは先月12月の年末までのわが家の「売りポジション」をあらわしています。上の図をご覧いただけるとわかるように、わが家はレンジからはずれたところに「売りポジション」がだいたい20本ほどある状況でした!

こうなると問題になってくるのが、「売りスワップ」の存在です。

FXの「レート」よりも「スワップ」がきつい!という現実

現在、アメリカは利上げを繰り返しています。対する日本は買い変わらずのマイナス金利政策。となると、両国の金利差が開いていて、それが如実にスワップポイントに反映されます。

わが家は、トライオートFXのスワップカレンダーを注意してみていますが、米ドル・円を「売りポジションで持つと」1万通貨あたり1日81円のマイナススワップが発生します💹

かなり高いですねーー。トルコリラなど高金利通貨なみです・・・

わが家は先ほど書いたように1000通貨で20本ほど持ってますから、2万通貨持っていた計算になります。そうすると、ただ持つだけで、なんと1日160円のマイナスが自動的に発生してしまっていたことになります😢

これだと1か月に換算すると・・・1日160円×30日=4800円。

約5000円が何もしないで引かれることになります😲実際には、「買いポジション」ちょこちょこ決済されて、利益は上がっていたはずなのですが、このマイナススワップの影響で利益が相殺されてしまっていました。

トライオートFXのスワップについては、こちらで随時チェックすることができます。

ドル円・・・急な円高からの円安へ!

わが家はこれに対し「売りポジション」が解消されるのを「じっと耐える作戦」で耐え続けていましたが、ここにきてようやく成果が出始めました‼

米ドル・円こちら、12月後半から1月中旬までの米ドル・円のチャートです。12月は中旬から下旬にかけて円高が進み、あっという間に110円を割り込む事態に。。

さらに1月3日には「フラッシュ・クラッシュ」も起き、一時的ですが、米ドル・円がかなり円高に傾きました。

そのおかげでわが家の「売りポジション」は決済が進みました☺20本のうち、半分ちょっとが決済されたようです。

米ドル・円

いやー、よかった、よかった。待ったかいがありました。

あと「売りポジション」は9本ほど。そして現在、113円~115円のところに「買いポジション」が10本ほどあります。この「買いポジション」によるプラスのスワップも働き、今、スワップで引かれているのは実質一日マイナス20円ほどです。

これぐらいのマイナススワップだと、ダメージが小さいです。ほとんど気にならないレベルまでスワップが解消されました‼

あとはこの104円~105円台の間に9本ありますので、これらがいつか解消されるのを願うばかりです。

そして、この1月初旬の円高の後、いま少しずつまた円安に傾いています。ここに対して、わが家は現在0.4円刻みで「買いトラップ」を入れています。それらが決済され、ようやく利益がプラスに回復してきました。

わが家の「トライオートFX」の現在の口座状況とトラップの設定をまとめておきます。

トライオートFX 米ドル・円の口座状況(1月19日現在)

◆証拠金預託額:109万2405円

◆有効証拠金額:98万9074円(1605%)

◆評価損益:-10万3331円

◆発注可能額:91万8674円

◆トラップ:「買い」のみ 0.4円刻みで順次繰り上げ

大事なのは、「有効証拠金額」。これが証拠金維持率を表します。現在、1600%と極めて安定的な運用になりました。一時は700%台まで下がりましたが、売りポジションが解消され、ここまで数字が戻りました。

含み損がまだ10万円ぐらいありますが、これは気にしていません。いつか決済されるものと思っていますので。

今、円安は進んでいますが、わが家としては114円ぐらいまでは「売りトラップ」は仕掛けないつもりです。もうスワップ地獄に陥るのは、イヤなので(笑)

みなさんも米ドル・円の「売りポジション」には十分気をつけてください♪

◆米ドル・円は「売りスワップ」によるマイナスに要注意!

トラリピは豪ドルを運用中。為替は円高から円安へ

さて続いては、安定的に利益を出しているトラリピ、豪ドル・円です。

こちらは1月19日現在の口座状況です。証拠金維持率は2000%を超え、超安定しています☺素晴らしいです♪

利益も半月で5000円を超えているので、わが家的には満足です♪

こちらも12月下旬から1月中旬までのチャートを見てみます。

豪ドル・円

ご覧いただくとわかるように、豪ドル・円も米ドル・円と同じように12月は円高が進みました。おかげで仕掛けていた売りポジションがほとんど決済されました♪

そして米ドル・円と同じようにフラッシュクラッシュが起きた1月3日以降は少しずつ円安に。わが家が設定している中心線80円のところまで少しずつ近づいてきましたねー。

わが家のトラップ設定を次にご紹介します♪こちらをご覧ください。

【買い】

◆0・4円刻みで~83円にトラップ

◆1ポジション 1,000通貨

◆利益確定:500円

◆トレール設定:あり

◆ストップロス:なし

【売り】

◆現在は仕掛けていません。

ポイントの一つは、「買いポジション」のトラップ間隔です。以前は「買い」は0・2円刻みにしていましたが、最近は0・4円刻みでもわが家的には十分な利益が出ることがわかったので、設定を緩めにしています。

そしてもうひとつは、「売り」です。今は80円より円高のラインなので、「売り」は仕掛けていません。83円にいくぐらいまでは「売り」は仕掛ける必要はないかなーと考えています。

また「売り」に関しては、トラップを仕掛けるにしても、「買い」と同じ値幅では仕掛けません。0.6円~0.8円ぐらいのゆるさでいいと考えています。

ではなぜ、「買い」と「売り」でポジションをとる値幅が違うのか?

これも米ドル・円と同じように豪ドル・円は「売り」スワップが大きく、「売り」を多く持つと毎日損失が発生するからです。

豪ドル・円

(マネースクエアHPより)

1万通貨持つとそれだけでマイナス50円です。

全く気にしないというのも手ですが、わが家はトライオートFXで米ドル・円のマイナススワップがけっこうボディーブローのようにきいているのが、どうも嫌な感じです😢

ですので、豪ドル・円では「売り」が相対的に少なくなるよう心がけています。

あわせて読みたい
くう、ねる、ふやす
トライオートFX、トラリピでロスカットされない!リスクを検証!わが家では2018年から、トライオートFXとトラリピを使ってFX自動売買で利益を積み上げてきました。ロスカットにあわないため、手持ちの運用資金でどのような設定をするのがいいのか?リスクをおさえながらも利益をあげていくためのトラップの設定を検証しました!...

まとめ

ということで、わが家の1月前半のFX自動売買の成績を振り返っていきました。これが今月後半の相場の値動きでどうなっていくのか❓

また2月頭に1か月の経過をまとめてご報告します。

米ドル・円は為替の基本の通貨になります。ですが、米ドル・円は、このところのアメリカの立て続けの利上げと日本のゼロ金利政策があいまって、両国の金利差は開く一方です💹

このような状況ですと、意外と運用が難しい。

「売りポジション」をどのように調整して、「買い」とのバランスをとっていくか?みなさんももし今後、米ドル・円を運用するならば気をつけていただけるといいのではないかと思います♪

豪ドル・円は、米ドル・円よりは「売りスワップ」は少ないですが、でも、あまり多く持つとスワップ地獄に苦しめられます💦ということで、基本は米ドル・円にならっての運用を続けていくつもりです。

ここに気をつけろ!

◆米ドル・円は運用が難しい

⇒「売り」は少なめにすることが、スワップ地獄に陥らないコツ

 

◆わが家が愛用しているFX自動売買です。

■↓トライオートFXの口座開設はこちらからどうぞ♪↓

インヴァスト証券「トライオートFX」

 

■↓トラリピの口座開設はこちらから♪↓

マネースクエア

マネースクエア

↓ブログ村のランキングに参加中!応援クリックお願いします↓

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

関連記事もぜひご覧ください

FX自動売買に興味がある方 こちらもオススメの記事です♪ ↓

◆わが家が陥っていたトライオートFX 米ドル・円の運用を検証しています↓

あわせて読みたい
くう、ねる、ふやす
トライオートFX、トラリピでロスカットされない!リスクを検証!わが家では2018年から、トライオートFXとトラリピを使ってFX自動売買で利益を積み上げてきました。ロスカットにあわないため、手持ちの運用資金でどのような設定をするのがいいのか?リスクをおさえながらも利益をあげていくためのトラップの設定を検証しました!...

 

◆わが家の12月のFX自動売買の実績はこちらから‼ ↓

あわせて読みたい
くう、ねる、ふやす
M2J・トラリピ、豪ドルをFX自動売買!12月の実績をブログで公開!2018年9月の半ばから始めた豪ドル・円のトラリピ。2019年は年明け、大きく値を下げましたが何が起きたのか?また12月、利益を上げるために行った設定から、トラリピ特有の「決済トレール」のメリットなど。運用の感想とわが家の設定の仕方、そして年明けの「フラッシュクラッシュ」について解説しています。...
あわせて読みたい
くう、ねる、ふやす
米ドルが急速に円高に!為替の動きで先月のトライオートFXはどうなった?2018年の年の終わりは、米ドルが円高になっています。わが家のトライオートFXの売りポジションもこの円高でようやく決済され始めました!これまでは売りスワップに足を引っ張られましたが、今後どうなるのか?その反省点も踏まえ、わが家の設定方法や自動売買で気をつけていることをこの記事では解説しています。...

 

◆これまでのFX自動売買の設定、わが家の目標についてはこちらから♪ ↓

あわせて読みたい
トライオートFX
「トライオートFX」で自動売買スタート! 投資1年目の目標は?わが家では、ことしからFXの自動売買のひとつ、インヴァスト証券の「トライオートFX」を運用しています。はじめて半年、すでに安定した利益が出ています!ロスカットされないためにはどうしたらいいのか?安定した資産運用のやり方を検証中!...
あわせて読みたい
ブログタイトル
超ビビリなわが家が、FX自動売買に力を入れられているワケわが家は夫・妻とも超ビビりな性格です。そんな二人がなぜことしからFXの自動売買に力を入れているのか?解説しています。「FXはアブナイ」というイメージを持っている方も多いと思います。それは使い方次第です。うまく使えばリスクを抑えて運用することはできます、その方法論を解説!...

 

◆わが家のFX自動売買で最も大切にしているロスカットについて、です ↓

あわせて読みたい
FXで絶対に知っておきたい!「ロスカット」を超わかりやすく、解説FXの自動売買をやる上で絶対に知っておきたい「ロスカット」。でもロスカットって何なの?なんとなくはわかっていても、細かいところまではわからない!という方も多いと思います。そこで、ロスカットとは何なのか?またロスカットを決める上で大事な「証拠金維持率」について超わかりやすく解説しています。...
あわせて読みたい
FX自動売買でロスカットされない!3つの鉄のディフェンスわが家のFX自動売買ではとにかく「ロスカットされない運用」を心がけています。そのために、資金管理やトラップの本数を細かくシミュレーションしながら運用しています。この記事では、そんなわが家が心がけている3つのディフェンスについて解説しています。...