FX

トライオートFX、トラリピの手法と11月半ばの実績をブログで公開!

くう、ねる、ふやす

わが家では、ことしからトライオートFXトラリピというFXの自動売買ツールを使った資産運用に取り組んでいます。

これまでそれぞれの実績を月一度報告してきましたが、1か月たつとけっこういろいろなことが起こるので、可能な時は月の半分を過ぎたところで途中経過を報告していきたいと思います☺

この記事は11月15日段階のデータをもとに、わが家のFX自動売買の成績をお伝えしていきます。

 

Akoさん
Akoさん
米ドル・円の不調は、この前の中間選挙で解消された?
シソビ
シソビ
いやー全然💤もう下がるのをひたすら待つしかないなー

はい、結論から申し上げると・・・

◆米ドル・円(トライオートFX):かなりザンネンな状態😢

◆豪ドル・円(トラリピ):先月に続き好調☺

こんな感じです。

ということでこの記事は・・・

トライオートFXやトラリピ、FX自動売買に興味がある方

◆FX自動売買をやっていて、他人の設定を知りたい!という方

◆FX自動売買ってどれぐらいの利益が出るの?とギモンな方

こんな方々に向けて書いています。おつきあいください🐷

11月半ばまでの実績は、トラリピが圧勝!

まずは、いきなり結論です。今月半ばまでのFX自動売買の運用の結果を見てみます。

11月1日~15日までFX自動売買

米ドル・円(トライオートFX):マイナス262円

☑豪ドル・円(トラリピ):プラス7,924円

はい、豪ドル・円(トラリピ)の圧勝です。70万円で運用をスタートさせた豪ドル・円ですが、運用は順調ですね♪これだとプラス1万円以上も可能かもしれません。

非常にいい感じです。トラリピのほうは、今のところはこんな状態なので、月末までそのままいきます。

振り返りは以上‼早っ❕

ただ調子がいいとはいえ、調子に乗ってポジションを取りすぎるのは危険です。わが家では最近、豪ドル・円に関してもすこしリスクを落として運用しようと考えています。こちらについては、先日の記事で詳細を検討しています。

ぜひご覧ください。

あわせて読みたい
くう、ねる、ふやす
トライオートFX、トラリピでロスカットされない!リスクを検証!わが家では2018年から、トライオートFXとトラリピを使ってFX自動売買で利益を積み上げてきました。ロスカットにあわないため、手持ちの運用資金でどのような設定をするのがいいのか?リスクをおさえながらも利益をあげていくためのトラップの設定を検証しました!...

で、ここからが本論です。問題は・・・もうひとつの通貨・・・

米ドル・円です。もうこちらに関しては、毎回問題がおきまりとなってきました💦

これまで何度かわが家のブログでも触れてきましたが、なぜ米ドル・円がマイナスになってしまったのか❓ちょっと検証していきたいと思います。

トライオートFX わが家の設定とレバレッジは?

まずは、この米ドル・円を運用しているわが家のトライオートFXの資産状況と設定です。データは11月17日現在のものです。

◆証拠金預託額:103万4,451円

◆有効証拠金額:88万741円(証拠金維持率:736%)

◆評価損益:-15万3,710円

◆発注可能額:76万1,141円

入金額は103万4000円ほど。証拠金維持率は730%ほどです。含み損が15万ぐらいありますが、まあ、これはいつかは決済されるまで放置です。あんまり気にしていません💹

3・5倍ぐらいのレバレッジになっているでしょうか。

じゃあ、肝心のトラップの設定はどうなっているか?こちらです。

【トライオートFX 米ドル・円 カスタム】

◆仕掛け幅:「買い」のみ0・2円幅

⇒「売り」はポジション取りすぎなので、一時的にストップ

◆決済:+500円(+50pips)

◆損切り:なし

こういう感じです。トライオートFXは、あらかじめ通貨とトラップが決まっている「自動売買セレクト」という魅力的なプログラムもありますが、わが家はあえて手動で自分でトラップを設定する「カスタム」でやっています。

で、何が問題となっているのか?

ひとつは現在、「売りポジション」が重なっていて、これ以上、売りをとりたくない、というところに心理的に追い込まれている、ということです。

売りポジションがどのくらいあるのか?こちらをご覧ください。

くう、ねる、ふやす

今現在、米ドル・円は、112円50銭あたり。それに対してわが家の売りポジションは、上の図をご覧いただけるとわかるように、レンジからはずれたところにだいたい20本ほどある状況です。

こうなると問題になってくるのが、「売りスワップ」の存在です。

FXの「レート」よりも「スワップ」がきつい!という現実

現在、アメリカは利上げを繰り返しています。対する日本は買い変わらずのマイナス金利政策。となると、両国の金利差が開いていて、それが如実にスワップポイントに反映されていきます。

トライオートFX スワップ

こちらトライオートFXのスワップカレンダーです。何と1万通貨で1日81円もマイナススワップが発生します。わが家は先ほど書いたように1000通貨で20本ほど持ってますから、2万通貨。

1日160円のマイナスが自動的に発生してしまっているのです😢

これだともう「売りポジション」を新たにとっていこうという気にはなかなかなれませんよね💦ポジションをとればとるほど、1日に引かれる値が大きくなりますので。

それゆえ、わが家では今、一時的に「売りポジション」はとらない!という作戦をとっています。このあたりの検証も前回書いたこちらの記事で詳しくしています。見ていない方はご覧いただけるとウレシイです♪

あわせて読みたい
くう、ねる、ふやす
トライオートFX、トラリピでロスカットされない!リスクを検証!わが家では2018年から、トライオートFXとトラリピを使ってFX自動売買で利益を積み上げてきました。ロスカットにあわないため、手持ちの運用資金でどのような設定をするのがいいのか?リスクをおさえながらも利益をあげていくためのトラップの設定を検証しました!...

11月前半の米ドル・円の為替レートをおさらい

そうした中で、11月前半、米ドル・円はどのように値が動いたでしょうか?こちらのチャートをご覧ください。

米ドル・円

11月前半の日足チャートです。1本が1日の値動きをあらわしています。

11月7日はアメリカの中間選挙の発表がありました。一時的には値がぶれましたが、結果は上院が共和党、下院が民主党、という市場で織り込まれていたとおりとなったので、結果的にはあまり動きませんでした。

そしてその後も円安基調は変わらず、11月9日には114円台に乗せました。

しかしそれからじわじわと下がっていき、金曜日から土曜の朝にかけて大きく落ちました。113円を割り込み112円80銭ほどとなっています💹

これが週明け、続けて下がるのか❓はたまた円安方向に傾くのか❓要注目です。

ただここ最近の米ドル・円はボックス相場を形成し始めています。

米ドル・円

下は111円台~上は114円台。ですので、今回も下がったらまた上がる・・・ということが単純には予想されますが・・・こればっかりはわかりません。

わが家は基本、テクニカル分析はしませんので。

ちなみに参考までに先月の4時間足のチャートも観てみましょう。こちらは1本の棒は、4時間の値動きを表しています。

見事なまでに『下げ』に転じています。しかし、その後、また円安になってからの今回の下落です。

と、このように行ったり、来たりの繰り返しです。

今月はそうはいっても中間選挙で多少の買いポジションが決済されました♪しかしそれらの決済でもマイナススワップをカバーしきれるほどではなく・・・結果、260円ほどマイナスになってしまった、というわけです。

つまり、売りスワップがなければ、多少今月も利益が出ているわけです。ところが、今は売りスワップが大きいため、トータルしてマイナスになっている。。ここが非常に頭のイタイところなのです😢

決済された利益 < 売りスワップによるマイナス ⇒結果マイナスに!

FX大損しないために「損切り」?「保有」?

これに対してわが家がとれる行動は二つです。

まず誰もが思いつくのが「損切り」です。つまり、この「売りポジション」を決済してしまう、という方法です。

もう一度、わが家の売りポジションをご覧ください。

くう、ねる、ふやす

ここにある20本ほどの「売りポジション」をすべて決済すると、マイナス15万円。どうでしょうか?

・・・

いやーー、これはないですね。

わが家がこのFX自動売買に感じた魅力は「とったポジションはいつかは決済される!」というポイントです。

ここで一度原点に立ち戻って、もう少し大きな視点でこの米ドル・円チャートを見てみましょう!

くう、ねる、ふやす

どうでしょうか?過去3年ほどの週足チャートで見ても、米ドル・円は、わが家が設定している中心線・110円をこれまで何度も割り込んでいます。

つまり、持っている20本の「売りポジション」も今はレンジからはずれていますが、また何かきっかけがあれば、決済される可能性は非常に高いのです。

ここで損切りすると、確かに「売りスワップ」からの呪いは溶けますが、14万円の損失が確定してしまいます。

わが家の口座状況はまだ100万円ちょっと。ここで14万円の損失を発生させるには、あまりに痛いダメージとなります。

それよりは多少のマイナススワップに耐えながらも、まずは、この111・80円から下、110円までの「売りポジション」の決済を目標にする。それが結果的には大ダメージにならずにすむ方法かなと思っています👉

となると、もう神頼み。円よ、下がれ~~、下がれ~~、、です(笑)

くう、ねる、ふやすもう少し円高になってくれれば、ここの8本ほどの「売りポジション」が決済されていきます。この8本がなくなるだけでも、だいぶマイナススワップは抑えられていくはずです。

Akoさん
Akoさん
これはしばらく放置して、売りポジションが決済されるのを待つしかないね~

まとめ

ということで、わが家の11月前半のFX自動売買の成績を振り返っていきました。といっても、ほとんどが米ドル・円の運用の反省となりましたが・・・

これが今月後半の相場の値動きでどうなっていくのか❓

また12月頭に1か月の経過をまとめてご報告します。

米ドル・円は為替の基本の通貨になります。ですが、米ドル・円は、このところのアメリカの立て続けの利上げと日本のゼロ金利政策があいまって、両国の金利差は開く一方です💹

このような状況ですと、意外と運用が難しい。

「売りポジション」をどのように調整して、「買い」とのバランスをとっていくか?みなさんももし今後、米ドル・円を運用するならば気をつけていただけるといいのではないかと思います♪

ここに気をつけろ!

◆米ドル・円は運用が難しい

⇒「売り」は少なめにすることが、スワップ地獄に陥らないコツ

 

◆わが家が愛用しているFX自動売買です。

■↓トライオートFXの口座開設はこちらからどうぞ♪↓

インヴァスト証券「トライオートFX」

 

■↓トラリピの口座開設はこちらから♪↓

マネースクエア

マネースクエア

↓ブログ村のランキングに参加中!応援クリックお願いします↓

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

関連記事もぜひご覧ください

FX自動売買に興味がある方 こちらもオススメの記事です♪ ↓

◆わが家が陥っているトライオートFX 米ドル・円の運用を検証しています↓

あわせて読みたい
くう、ねる、ふやす
トライオートFX、トラリピでロスカットされない!リスクを検証!わが家では2018年から、トライオートFXとトラリピを使ってFX自動売買で利益を積み上げてきました。ロスカットにあわないため、手持ちの運用資金でどのような設定をするのがいいのか?リスクをおさえながらも利益をあげていくためのトラップの設定を検証しました!...

 

◆わが家の10月のFX自動売買の実績はこちらから‼ ↓

あわせて読みたい
くう、ねる、ふやす
【実績公開】トラリピでFX自動売買!10月はプラス10,807円でした!2018年9月の半ばになってから始めた豪ドル・円でのトラリピ。10月は1万円以上の利益が出ました!利益を上げるために行った設定から、トラリピ特有の「決済トレール」のメリットなど。運用た感想とわが家の設定の仕方を解説しています。...
あわせて読みたい
くう、ねる、ふやす
【実績公開】トライオートFX、10月はプラス759円でした!2018年10月のトライオートFXの運用成績は、プラス759円でした。わが家は2018年2月から、米ドル・円でFXの自動売買を始め、安定的に利益が積みあがっています。わが家の設定方法や自動売買で気をつけていることをこの記事では解説しています。...

 

◆これまでのFX自動売買の設定、わが家の目標についてはこちらから♪ ↓

あわせて読みたい
トライオートFX
「トライオートFX」で自動売買スタート! 投資1年目の目標は?わが家では、ことしからFXの自動売買のひとつ、インヴァスト証券の「トライオートFX」を運用しています。はじめて半年、すでに安定した利益が出ています!ロスカットされないためにはどうしたらいいのか?安定した資産運用のやり方を検証中!...
あわせて読みたい
ブログタイトル
超ビビリなわが家が、FX自動売買に力を入れられているワケわが家は夫・妻とも超ビビりな性格です。そんな二人がなぜことしからFXの自動売買に力を入れているのか?解説しています。「FXはアブナイ」というイメージを持っている方も多いと思います。それは使い方次第です。うまく使えばリスクを抑えて運用することはできます、その方法論を解説!...

 

◆わが家のFX自動売買で最も大切にしているロスカットについて、です ↓

あわせて読みたい
FXで絶対に知っておきたい!「ロスカット」を超わかりやすく、解説FXの自動売買をやる上で絶対に知っておきたい「ロスカット」。でもロスカットって何なの?なんとなくはわかっていても、細かいところまではわからない!という方も多いと思います。そこで、ロスカットとは何なのか?またロスカットを決める上で大事な「証拠金維持率」について超わかりやすく解説しています。...
あわせて読みたい
FX自動売買でロスカットされない!3つの鉄のディフェンスわが家のFX自動売買ではとにかく「ロスカットされない運用」を心がけています。そのために、資金管理やトラップの本数を細かくシミュレーションしながら運用しています。この記事では、そんなわが家が心がけている3つのディフェンスについて解説しています。...