投資信託

株価の暴落に投資信託はどんな値動きをした?様々なファンドを検証してみた!

くう、ねる、ふやす

この12月は、株価が大きく下落した月になりました‼

2018年はバブル期並みの景気回復と言われ、株価も一時2万4000円を超え、このまま高値を更新していくか❓と思われましたが・・・

そう、カンタンにはいきませんねーー。

米中の貿易戦争をはじめとして、この秋以降はアメリカの利上げ減少の観測やイギリスのEU離脱問題など、世界的にさまざまなリスク要因が出てきたことから、株価が大きく下がりました⤵

シソビ
シソビ
ことしは株価が乱高下した年だったねーー。

ですね。。わが家は株式の投資信託をNISA口座で運用していますが、この下落でほとんどの銘柄が含み損を抱えています。

別にそれはそれでよくて、わが家の投資方針自体を変えるつもりはありませんが・・・

せっかくの機会なので、この機に、わが家が保有する投信がどれぐらい下落したのか❓またほかのジャンルで人気の投信がどういう値動きをしたのか❓

一度検証してみたいと思います。

Akoさん
Akoさん
ほかの投資信託の値動きを見る機会ってそんなにないもんね。

そうです。具体的には債券やバランスファンドなどわが家が保有していない投資信託の値動きを見ていきたいと思います🔰

まずは、この1年の日経平均株価の推移をご覧ください♪

日経平均株価

この秋までは2万4000円ちかくあった日経平均株価がその後、下落。12月下旬には一時2万円を割り込む事態に。。

ことしは結局2万円ギリギリのところで踏みとどまった状態です。

特に先週のクリスマス時期には一日で日経平均が1000円近く下がる日がありました💦

わが家のように投資信託を『長期×積み立て×分散』で買い付けていれば、こうした値下がりというのは、『絶好の仕込み時期』となり、引き続き買い足していくことで、のちの大きな利益が期待できます☺

ですが、ほかの投信の値動きはどうだったのか❓参考までにいろいろと調べてみました‼この記事は・・・

投資信託でどんなファンドがいいのか❓考え中の人

◆リスクを減らした投資をしたいと考えている方

◆株式ファンドと債券ファンドでどれぐらい値が違うのか、知りたい方

こうした方には特に参考になるかと思います。どうぞ、おつきあいください。

NISAで投資信託。わが家の保有ファンドは?

まずはわが家の保有しているファンド(銘柄)を見てみます。

ちょっと見にくいですので、以下にまとめます♥

わが家が保有する投資信託

①eMAXISSlim先進国株式インデックスファンド

②たわらノーロード新興国株式

③ニッセイ日経225インデックスファンド

④ひふみプラス

こんな感じです。上から説明しますと・・・

「eMAXISSlim先進国株式」は、アメリカが約7割。ほか北米やヨーロッパの先進国の株式の指数に投資するインデックスファンド。「たわらノーロード新興国株式」は文字通り新興国に投資するファンドです。

「ニッセイ日経225」は日本の日経平均株価に連動したインデックスファンド。「ひふみプラス」はわが家の中で唯一のアクティブファンド。とこうなります。

共通しているのは・・・

シソビ
シソビ
どれも『株式』の指数に投資しているという点ですね。

ということになります。

株価の暴落!わが家の投信はどれぐらい下げた?

では、このわが家が保有している投資信託は、12月の大きな下落のときにどれぐらい下げたのでしょうか📉❓

まずは12月25日の日経平均株価がどれぐらい下落したのか❓確認してみます📉

日経平均株価

一日で株価が1000円近く下落しました

これは、前日のニューヨーク市場でNYダウが大きく下落し、円高が進んだのが背景にありますよね。

そして先ほどのわが家のファンドを見ていきます。

一番、みなさんにもなじみ深くわかりやすいのは、日経平均に連動する「ニッセイ日経225」ではないでしょうか❓それと、もうひとつ投資信託業界では知らない人はいない「ひふみプラス」の下落率を見てみましょう。

●ニッセイ日経225インデックスファンド

ニッセイ日経225インデックスファンド

まず「ニッセイ日経225」ですが、一日で1135円も値下がりしました⤵わが家は3年ぐらいこの投信を保有していますが、これだけ下がるのは、もしかすると初めてかもしれません。

そしてもう一つ、「ひふみプラス」です。

●ひふみプラス

ひふみプラス

こちらは、さらに激しい1700円以上の値下がりとなりました📉びっくりです😲

「ひふみプラス」のほうは今月のこの値下げで、ついに含み損を抱えるようになりました💦これもあまりなかったことですねーー。

どちらもその翌日からは調整に入り、一時的に値が上がり、元には戻りました‼

ただ、これを回復のサインととるのはまだ早いですね。全体的には株式は下落を始めていますので、ね。⤵

というわけで、株式の投資信託は、インデックスファンドにしろアクティブファンドにしろ、どちらにせよ一時的に大きく値を下げた、のがわかるかと思います。

REITなど含む「バランスファンドはどうだった?

では、ほかのわが家が保有していない投信はどうだったのか❓

まず見てみたいのは、株式や債券、REITなどさまざまな銘柄を組み合わせている『バランスファンド』といわれるものです。

わが家が愛用しているSBI証券のバランスファンドの人気ランキングでは、以下のような順位になっています。(2018年12月31日現在)

  1. 三菱UFJ国際ーeMAXIS Slimバランス(8資産均等型)
  2. 三井住友TAMー世界経済インデックスファンド
  3. 三井住友TAM-SBI資産設計オープン
  4. 三菱UFJ国際ーeMAXISバランス(8資産均等型)
  5. 野村ー野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型

このうち一位のeMAXISSlimバランス(8資産均等型)を見てみましょう。

このファンドは、国内・先進国・新興国の株式と債券で6資産。さらに国内REITと先進国REITの8資産に均等に12.5%の割合で投資をする、まさに「バランスファンド」の王道といっていいでしょう♪

●eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)

こちらもマイナスにはなっていますが、下落は255円に留まっています。なみにこの銘柄の設定来の基準価額の推移も見てみます。設定は2017年5月となっています。

eMAXISSlimバランス

設定から1年半たちますが、最高値は10992円。最安値は9823円。よくも悪くもあまり値が動いていませんね📈

やはり8つのベンチマークがありますので、値が安定しています♪あまり下落もしませんが、変わりにあまり上がりもしません。

債券に投資する投資信託はどうだったのか?

ではこうした株価の下落に強いと言われる「債券ファンド」はどうでしょうか?

こちらもまずはどんな銘柄が人気なのか❓SBI証券のランキングを見てみましょう。国内債券です。

  1. 三井住友-日本超長期国債ファンド
  2. 明治安田-ノーロード明治安田社債アクティブ
  3. eMAXIS Slim国内債券インデックス
  4. ニッセイ国内債券インデックスファンド
  5. たわらノーロード‐国内債券

こんなラインナップです。ふだん債券の投資信託はあまり見ないので、新鮮です☺

ただ手数料が安いeMAXISSlimシリーズやたわらノーロードシリーズはやはり人気なんですね♪

ここでは一位の「三井住友‐日本超長期国債ファンド」を見てみます。

●「三井住友‐日本超長期国債ファンド」

日本超長期国債ファンド

このファンドは、25日には逆に値が上がっていますねーー。しかし26日になると値を下げています。

グラフに赤い線と青い線がありますが、これは12月26日に分配金が出ているためです。分配金を再投資したグラフが赤い線となっています。

とはいっても、数十円単位の動きです。バランスファンドよりもさらに値の動きが小さいです。

このファンドは2015年に設定されて以来、最高値は11443円。最安値は9935円です。現在の基準価額が10765円。

ということでこちらも非常に値動きがゆるやかーーです📈

リスクは株式の投信に比べるとだいぶ低いと確かに言えそうです!

一方で海外債券はどうでしょうか❓SBI証券の人気ランキングでは、海外債券の一位は「ニッセイ‐ニッセイ外国債券インデックスファンド」でした。現在の基準価額は10918円です。

●「ニッセイーニッセイ外国債券インデックスファンド」

ニッセイ外国債券インデックスファンド

こちらも25日には値下がりし、26日から値を上げています。先ほどの国内債券よりは値の動きが大きいですが、とはいってもこちらも140円程度のもの。

この銘柄は2013年に設定されていますので、もう5年以上運用されていますが、最高値は11966円。最安値は9807円。

一番始めのスタート額は1万円からでしょうから、設定以来200円程度しか下落したことがなく、現在は設定来、プラス10%程度です。

シソビ
シソビ
長期で安定して運用したいなら、債券ファンドもアリですね♪

バランスファンド、債券ファンドどちらもいいけど・・

ここまでバランスファンドや債券ファンドのクリスマス前後の基準価額の動きを見てきました。

どちらもわが家が保有している株式型の投資信託に比べると、値動きは非常に小さいなーという印象です。相場に一喜一憂することなく、長期でじっくり資産を作っていくにはなかなか適したものもある、という感想をもちました。

ただ、わが家は今の段階ではこうしたファンドを持つ必要はないな~とも思いました。

なぜなら、わが家は投資で運用している元本がまだまだ非常に少ないです。毎月、各銘柄に1万円ずつの投資。今後大暴落がきて、最悪なくなっても生活には影響がない、そんな『余裕資産』の範囲で運用しています。

ですので、投資に関してはある程度の『リターン』を見込んで運用しています♥

バランスファンドや債券のファンドは、このリターンという意味では、やはり株式の投資信託にはかないません。

株式の投資信託には『リスク』がより伴いますが、わが家は『時間』をたっぷりかけることで、このリスクを少しでも軽減して運用していくつもりです💰

今のところは、バランスファンドや債券に浮気する必要はないかなーと思っています。

まとめ

ただこのバランスファンドや債券ファンドは、状況が違ってくれば、もちろん選択の一つとしては十分あり得るなーと思います。

シソビ
シソビ
資産が大きくなって安定した運用がしたくなったら、選択してもいいかなーー

たとえば、数千万円の『余裕資産』があるとき。というのは選択の一つとしてありうるなーと思います。今の時代は、銀行に預けていても利息はほぼつきません💦

「リターンは少なくていい(でも少しは欲しい)、そして安定した運用がしたい」。さらに年も重ねて、「長期の運用」が現実的ではなくなってきた、となってくれば・・・

こうした債権ファンドというのは、保有するメリットがあるかもしれません☺

投資というのは、つくづく個人の年齢や資産などの個別の環境でとりうる選択が変ってくるものだと思いますね~。

『リスクの取り方』も、個人の資産がどうなのか❓その中で、どこまでを『余裕資産』するのか、『生活資金』とするのか❓など状況によってさまざまと変わってきます。

みなさんも情報を集め、ご自身に適切な投資の方法を見極め選択してください♪

 

◆わが家が投資信託で愛用しているSBI証券

口座開設はこちらからできますよ♪

↓ブログ村のランキングに参加中!応援クリックお願いします↓

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

 

関連記事もぜひご覧ください!

☑投資信託の実績や買い付けの考え方をまとめています。

◆こちらは2018年12月の投資信託の実績です。だいぶ下落しましたね~~

あわせて読みたい
くう、ねる、ふやす
【実績公開】NISAで投資信託:FOMC後、株価が下落!12月の実績は?わが家が3年前から運用している投資信託のナマの実績を公開しています。2018年12月は株価が多きく下落しましたが、含み益はプラス4万円ほどでした♪もちろんNISA口座で運用、「長期×分散×積み立て」という方針で淡々と続けていますが、実はちょっとした買い付けのコツがあります。そのあたりを丁寧に解説しています。...

◆わが家が貯金感覚で積み立てている投資信託の出口戦略について書きました✑

あわせて読みたい
投資信託
投資信託は複数のファンドを持つのがいい、という結論。投資信託の分散投資のメリットについて考えています。特に投資初心者の人は、まず投資信託で資金を作って投資に慣れてから、新たな投資先に資金を注入していくのが便利だなーと。その資金作りの上で有効なのが、投資信託の分散投資です。誰にでもわかるように解説しています。...

◆4割の投資家が投資信託で損失を出している?という国のデータについて。

あわせて読みたい
くう、ねる、ふやす
投資信託は、投資の種類の中でホントに失敗しにくい投資法なのか?投資信託は「低リスク、低リターン」と呼ばれる金融商品ですが、ホントにそうなんでしょうか?わが家では利益を上げるるには、投資信託もきちんとした買い付けや運用が必要だと考えています。2018年は「つみたてNISA」が始まり、金融庁が投資信託に関する興味深いデータを発表してくれました。損しないための投信の運用を考えます。...

◆投資信託で絶対に知っておきたい!超キソです。ぜひご覧ください↓

あわせて読みたい
投資信託
【解説】投資信託で知っておきたい!最低限のポイント投資信託のリターンの仕組みって知っていますか?基準価額とは?取得金額とは?これから投資信託で投資をしようという人が、ファンドを買い付けたときに、どこを見ていったらいいのか?解説しています。...

 

☑「投資を始めよう!」シリーズ ~こちらもあわせてご覧ください♪~

◆その①:会社員投資家は時間をかけて、少しずつ取り組んでいくのが大切です。その考え方をまとめました! ↓

あわせて読みたい
資産運用・投資で『会社員が成功する』ための4つのステップわが家のような普通のサラリーマンが投資で成功するためには4つのSTEPがあると思っています。①種銭を作る②本格的な運用③リスク分散・リターンの見直し④出口戦略を考えた投資。この4つをどううまくやりながら、資産を増やしていくか?解説しています。...

◆その②:「投資を始めよう!」と思った方に!損しないために知って欲しいこと↓

あわせて読みたい
くう、ねる、ふやす
「投資を始めよう」という人に知ってほしい3つのこと投資を始めたい!と思った方に向けて知っておいてほしい3つのことをまとめました。◆投資は目標によって手法が変わる!◆会社員投資家は、長期×分散×積み立てが最強なワケ◆投資の目標がわからない!という方におススメの投資は?わかりやすく解説していますので、ぜひご覧ください。...

◆その③:投資をしたときに、将来、どれぐらいお金がふやせるのか?投資金額・利回り・投資期間別にいろいろとシミュレーションしました ↓

あわせて読みたい
くう、ねる、ふやす
会社員が投資で資産運用!長期×複利の利回りをシミュレーション!これから投資を始めたい!という方に向けて「投資を始めよう」シリーズを作っています。投資を始める際にみなさんが知りたいのは「毎月いくら積み立てていき、年単位で運用したときに、元本がいくら増えているのか?」ということではないでしょうか?そこで、期待される利回りをもとにいくつかのパターンをシミュレーションしてみました!...

◆その④:投資を始める最初のハードル!どこで投資の口座を開くか?についてです↓

あわせて読みたい
投資で失敗しない!最初のハードル・口座開設の仕方は?投資を始めたい!と思った人の最初のハードルが、どの証券会社、銀行で口座を開くか?ということじゃないでしょうか?わが家がオススメするのは、ネット証券一択です!投資で失敗しないために、その理由とネット証券の選び方などを丁寧に解説しています。...

◆その⑤:証券会社の口座開設を丁寧に解説しています。わが家が愛用するSBI証券↓

あわせて読みたい
くう、ねる、ふやす
SBI証券で口座を開く!その手続きをわかりやすく解説投資を始めたい!と思った方に向けて、できるだけわかりやすく、投資を始めるために必要な手順を解説しています。今回は、ネット証券最大手のSBI証券で口座開設をする際の手続きについて、わかりやすく解説しています。...

◆その⑥:SBI証券と並ぶ楽天証券の口座開設の手順はこちら↓

あわせて読みたい
くう、ねる、ふやす
楽天証券で口座を開く!手続き方法を超わかりやすく解説投資を始めたい!と思った方に向けて、できるだけわかりやすく、投資を始めるために必要な手順を解説しています。今回は、投資の初心者の方にもわかりやすく、楽天証券で口座開設をする際の手続きについて、わかりやすく解説しています。...