投資信託

投資信託「eMAXIS Slim 先進国株式」にわが家が注目したワケ

投資信託

さて、わが家では今、新しく積み立てを始める投資信託を探しています。

先日、トラリピで豪ドル・円を始めるのにあたり、これまで積み立てていた投資信託をひとつ解約しました。

「SMTグローバル株式インデックスファンド」という投信です。

これまで3年近くかけてゆっくりと積み立て、元本は47万円。利益は年々増えていき、+13万円の利益が出て60万円で売却しました。

その経緯に関しては、こちらに詳しく書いたのですが・・・

あわせて読みたい
投資信託
投資信託は複数のファンドを持つのがいい、という結論。投資信託の分散投資のメリットについて考えています。特に投資初心者の人は、まず投資信託で資金を作って投資に慣れてから、新たな投資先に資金を注入していくのが便利だなーと。その資金作りの上で有効なのが、投資信託の分散投資です。誰にでもわかるように解説しています。...

 

Akoさん
Akoさん
SMTを売っちゃったから、何だかバランスが悪くない?
シソビ
シソビ
そうやね。また新たな投信を探そうかー。

 

ということで、この記事は、わが家が新たに積み立てを開始する投資信託の「ファンド探し」の記事です。

◆投資信託に興味がある方

◆興味はあるけど、ちょっと買うのは怖い、という方

◆投資信託って数がありすぎて、どれがいいかよくわからない!と悩む方

などの人には特に参考になるかなーと思っています。詳しく書いていきます。

わが家の投信のポートフォリオを確認

ファンド探しに行く前に、まずはわが家が保有している投資信託の状況を見てみましょう。

こちらはすべてNISA口座。つみたてNISAではありませんよ。ファンドをまとめると以下のようになります。

◆たわらノーロード新興国株式・・新興国全般に幅広く投資する

◆ニッセイ日経225インデックスファンド・・日経平均株価に連動する

◆ひふみプラス・・・レオス・キャピタルワークによるアクティブファンド

日本の株式中心に独自の観点で組み入れ銘柄を常時変更している

今保有しているファンドには、それぞれ上にかいたような特徴があります。

3つのうち二つは、日本の株式。そしてもう一つは、新興国です。

そして、この3つの内訳をもう少し詳しく見てみます。

銘柄 口数 取得金額 基準価額 投資額 評価
ニッセイ225 273,588 20,104円 24,858円 55万円 +130,063
ひふみプラス 85,252 32,844円 39,859円 48万円 +59,804
たわら新興国 42,167 14,230円 12,877円 7万円 -5,705

 

「たわらノーロード」は、ことしから新たに始めたファンドです。元本割れを起こしていておよそ6000円のマイナスです。

これはアメリカの利上げで、新興国から資金流出が相次いでいますので、しょうがないですねー。ただ一時的なことだと思っているので、あんまり気にはしていません。

日本株のほうは、順調に利益を出しています。引き続き淡々と積み立てていきます。

しかし気になるのは、今回、「SMTグローバル株式」を売却したことで、欧米など日本以外の先進国に投資するファンドがなくなってしまいました・・・。

さすがにこれは、ポートフォリオとしてあまりよろしくありませんねー。

わが家の投資方針は「長期×分散×積み立て」!

そしてもうひとつ、わが家の投資方針を確認しておきたいと思います。

 

シソビ
シソビ
「長期×分散×積み立て」だよ!

たまたま今月、日本FP協会から発行されているファイナンシャルプランナー向けの業界紙「FPジャーナル」の特集がこの「長期×分散×積み立て」でした。

意味は・・・文字通り、です(笑)

何の説明もいりませんが、私ども素人の個人投資家が有効な資産形成をするには、「長期に、分散(いろんなファンドにという銘柄と時間の分散)して、コツコツとお金を積み立てていく」のが理にかなっているという話です。

わが家も3年前に投資信託を始めてから、その基本方針で運用しています。

そしてファンド選びに関しては、わが家ならではのいくつか大切にしているポイントがあります。

ファンド選びのポイント

◆選ぶのは株式のファンドのみ
◆「アクティブ」ではなく「インデックスファンド」重視
◆資金がきちんと流入し続けていること

わが家では、投資信託もある程度のリスクをとったうえで、リターンを期待していきます。ですので、債券などには興味がありません。株式中心にガンガン攻めていきます。

もうひとつのインデックスファンドというのは、たとえば「日経平均株価」のような株価など、ある指数に連動しているファンドのことです。ベンチマークに連動しているファンドなので、信託報酬などの手数料が安い、という特徴があります。

ひふみプラスはアクティブですが、これは例外。わが家は、このインデックスで十分な成績が出るのがわかったので、基本、安さ重視のインデックス投資を基本としています。

あと、資金の流入が続いているかどうか?はけっこう重要なポイントです。わが家はあるファンドを決めたら、長期に投資していきたいと考えています。

投資が流出しているファンドは、その運用規模が当然小さくなっています。資金がなくなれば、ファンドは運用できなくなるでしょう。運用規模、という意味では、常に資金が流入しているファンドが望ましいと思うわけです。

ということでまとめると・・・

◆ベンチマークに連動したインデックスファンド

◆アメリカ・ヨーロッパなど欧米先進国の株式に投資できる

◆資金が定期的に流入している

こういった条件になります。

アメリカ欧米の先進国のインデックスファンド

そこで、わが家が愛用しているSBI証券のHPで、投信の人気ランキングを見てみます。

投資信託

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注目すべきは赤枠の二つです。

◆ニッセイ外国株式インデックスファンド

◆eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

どちらも「MSCIコクサイインデックス」という指数に連動しています。このベンチマークを調べてみました!

MSCIコクサイインデックス

(楽天証券HPより)

アメリカが65%。ほかにカナダやヨーロッパの先進国が名を連ねていますね。さらに構成上位銘柄は、アップルやマイクロソフトなどITを含めたグローバル企業です。きちんと時代の流れにのった、ということもいいですが。。

わが家がなんといっても注目したいのは、「日本を除く」というところです。

わが家は、「ニッセイ日経225」と「ひふみプラス」ですでに日本株式への投資を十分しています。ですので、この「日本を除く」というのは、わが家にとっては願ったりかなったりです。

ニッセイ or eMAXIS Slim どっちか?

では、この二つのうちのどちらか?ということになってきます。

で、いろいろ比べたんですけど・・・

もうどっちでもいい!という感じなんですよね (笑)

というのも、ベンチマークが一緒ということもあり、成績はほぼ一緒です。

(どちらもデータは2018年9月9日現在)

ニッセイ外国株式インデックスファンド

◆基準価額  15,643円

◆信託報酬 0.11772%以内

◆信託財産留保額 なし

◆解約手数料 なし

◆設定日 2013年12月10日

◆償還日 無期限

一方、emaxis SLIMのほうはどうでしょうか?

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

◆基準価額 11,818円

◆信託報酬 0.11772%以内

◆信託財産留保額 なし

◆解約手数料 なし

◆設定日 2017年2月27日

◆償還日 無期限

「ニッセイ」のほうが5年前と早く作られたファンドです。ゆえに基準価額に差がありますが、この値に関してはまったく気にする必要はありません。あくまでスタート時点の価格が異なるということだけです。

比較材料としては手数料にあたる「信託報酬」や解約のときにかかる「信託財産留保額」「解約手数料」といったところですが・・・

どちらもまったく一緒。

これ調べてみたら、両者ともに引き下げ競争をしているらしく、片一方が引き下げれば、もう片一方も引き下げるという価格合戦が行われているようなのです。このあたりは他の方のブログを見ると詳しく解説されているので、このあたりは省略させていただくとして・・・

ほかにも「トータルリターン」「資金の流入額」なども比べてみましたが・・・

どちらも順調ですね!ちゃんと伸びていっています。特段、こっちがいい!という材料は見当たりませんでした。

いや、どちらも投資するのにふさわしい素晴らしいファンドだと思いました。

では結論は・・・ということですが、

「eMAXIS Slim」を積み立てることにします!!

 

Akoさん
Akoさん
え!なんで?
シソビ
シソビ
ニッセイはもう日経225で積み立ててるからね!それだけ!

 

そうなんです。もう特段比べる材料はわが家的にはないので、単純にこれまで使ったことのないファンドを選ぶことにしました。

それだけです。かなりいい加減かもしれませんが・・・。まあ、いいじゃないですか。これぐらいチャランポランでいいかなーと思っています。

とはいえ、気になるのは、どれぐらいリターンがあるのかですよね?

eMAXISSlim先進国株式インデックス

こちらは基準価額の推移。順調に右肩上がりになっていますね♪

設定されたのは去年の2月です。設定来のトータルリターンは、SBI証券のHPでは、19・21%になっていました。ということは、1年半ほどで19%を超えるリターンです。

これは投資信託の初心者の方が、はじめの1本として組み入れてもいいファンドかなと思います。

まとめ

はい、ということで、今月からわが家は「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」に積み立て投資をしていきます!

これを数年積み立てていったら、どうなるのか?今からとても楽しみですね。

これで、日本株式、先進国株式、新興国株式、とバランスよくなるので、あとはその資産配分ですねー。いずれはこの先進国株式が比率的には一番多い、というのがわが家の理想とするところです。

また毎月月末の恒例時期に、投資信託の積み立てをしていきます。この「eMAXIS Slim」もそのときに初回の買い付けをしていこうと思いますので、また報告しますね。

 

 

◆わが家では、投資信託の成績を毎月公開しています↓

あわせて読みたい
投資信託
【実績公開】今月も投資信託に4万円 NISAの成績は?ことしで4年目となるAko&シソビ家の投資信託の成績を公開しています。毎月1銘柄に1万円ずつの投資で、トータルリターン23%超えを維持。買い付けのコツもあわせてご紹介。...

 

◆投資信託は小口でいくつかに分けて持っておいたほうがいい!という話↓

あわせて読みたい
投資信託
投資信託は複数のファンドを持つのがいい、という結論。投資信託の分散投資のメリットについて考えています。特に投資初心者の人は、まず投資信託で資金を作って投資に慣れてから、新たな投資先に資金を注入していくのが便利だなーと。その資金作りの上で有効なのが、投資信託の分散投資です。誰にでもわかるように解説しています。...

 

◆投資信託でこれだけは知っておきたい!ポイントを解説しています↓

あわせて読みたい
投資信託
【解説】投資信託で知っておきたい!最低限のポイント投資信託のリターンの仕組みって知っていますか?基準価額とは?取得金額とは?これから投資信託で投資をしようという人が、ファンドを買い付けたときに、どこを見ていったらいいのか?解説しています。...