投資の考え方

投資信託は複数のファンドを持つのがいい、という結論。

投資信託

今回は「投資信託を分散投資して、複数持つメリット」について考えていきます。

わが家では投資信託を常に3~4つのファンドに「分散投資」しています。

「分散投資」とは文字通り、いくつかの異なる投資対象にわけて投資することです。投資は常にリターンを求める限り、ある程度のリスクを伴います。ですので、分散投資は、異なる投資ジャンルや時間を分散して投資していくことで、リスクを軽減させるという方法です。

まあ、みなさんご存じですよね。

たとえば。。。

◆株式と不動産など異なるジャンルに投資する
◆投資を数回に分けるなど、時間を分散させる

「全然違うジャンルに投資をする」または「投資の時間を分散させる」。

投資信託だったら、債券中心のファンドと株式中心のファンドを持つとか。

毎月積み立てて購入することで、ファンドの基準価額が平均化されていく、とか。

縦軸と横軸を使い分けることで、ある投資がピンチ!ってなったときでも、もう一方は大丈夫!!って状態を作り、ポートフォリオを安定させることができます。

「卵を一つのカゴに盛るな!」という言葉は、この分散投資をまさに象徴しています。

この分散投資はもちろんわが家でも取り入れておるのですが・・・これ、投資信託においては、あまり深く考えずに、いくつかのファンドに分散してお金を積み立ててきました。

Akoさん
Akoさん
今も4つの投信に分散投資してるけど、何の意味があるんだっけ?

 

シソビ
シソビ
いや~~。実はこれまで深く考えてこなかったけど、うちにはぴったり!ということに気付いたよ。

 

そう、実はこれまでいろいろなファンドに手を出してきましたが、それってどれぐらい意味があるのかなー?とわが家ではひそかに思っていたんです。

でも、投資信託を小分けに持つ、ことは改めて投資の戦略的には悪くないなーと思いました。特にこんな人に参考になるのかなーと思っています。

◆投資をはじめて間もない人、戦略が定まってない人
◆とりあえず資産運用と思って、投資信託で運用している人
◆NISAを始めたけど、今後どうしていけばいいのか?と思っている人

どういうことなのか?具体的に見ていきます。

投資信託を複数持っていて浮かんだギモン

わが家では投資信託を現在、4つ保有しています。

 

 

◆たわらノーロード新興国株式

◆ニッセイ日経225インデックスファンド

◆SMTグローバル株式インデックスファンド

◆ひふみプラス

この4つの特徴はざくっと書くとこうです。

〇新興国への株式投資

〇日本の一番メジャーな株式の指標・日経225に連動したもの

〇欧米・ヨーロッパなど世界の株式市場の指標と連動

〇著名なファンドマネージャー・藤野さんたちレオス・キャピタルワークが選定した日本の株式会社への投資

なぜ、ひとつではなく、4つの投資信託を保有しているのか?こんな理由がありました。

◆異なるジャンルに投資することで、分散投資をはかる

◆それぞれのファンドでどれぐらいリターンに差が出るのか。検証したかった。

だけど3年近くやってみてよくわかったのですが、最初から投資し続けている3つのファンドは、トータルリターンでは実はあまり差が出ていないんです。

どれもプラス25%前後というところです。

そしてどれも日々の値動きを見ていると、そんなに大きな違いが出ません。

わが家は毎日、日経平均株価は見るようにしていますが、日経平均が上がれば、どのファンドも上がる。日経平均が下がれば、大体どれも下がる。

日経225はもちろんそういうファンドですが、SMTもひふみプラスも大体同じように動くんですね。

とすると、小分けで持っていても、さっきのポイントの2点にはあまり影響がない、ということにならないかと。つまり、分散投資のメリットがそれほどないんじゃないか?という疑問なんですね。

もちろんこれが債券とかREITとか入れた銘柄もあれば、違うんでしょうが。しかし、わが家は基本投資信託は下がったときがお買い得!と考えているので、すべて株式中心の運用にしています。

FXの運用資金を確保するために、投信を売却

わが家では現在4つの投資信託のファンドに130万円ほどの資産を投入しています。このたび、そのひとつを売却することにしました。

「SMTグローバル株式インデックスファンド」です。

なぜ、今回売却することにしたのか?

わが家ではことしからFXの自動売買を資産運用のメインに据えています。

あわせて読みたい
トライオートFX
「トライオートFX」で自動売買スタート! 投資1年目の目標は?わが家では、ことしからFXの自動売買のひとつ、インヴァスト証券の「トライオートFX」を運用しています。はじめて半年、すでに安定した利益が出ています!ロスカットされないためにはどうしたらいいのか?安定した資産運用のやり方を検証中!...

こちらにあるように現在、米ドル・円で100万円ほどで運用していますが、もうひとつ、豪ドル・円でも運用を始めようと思っています。元本は70万円を予定しています。

では、その種銭(元本)をどこから持ってくるか?

うーん、貯蓄は崩したくない。。。

悩んだ末にぱっと思い浮かんだのが、投資信託です。ファンドの1つを売却すれば、運用資金を確保できるじゃないか、と思ったわけです。

そこでこの「SMTグローバル株式インデックスファンド」を売却することにしました。

投資信託 3年ちょっとで13万円の利益が出た!

この「SMTグローバル株式・・・」というファンドは、世界の株式市場に投資するファンドです。MSCI・コクサイインデックスという指標に連動しています。

 

(出典:三井住友トラスト・アセットマネジメントより)

世界各国に投資する・・とは言いつつも、その多くがアメリカを中心とした北米、これだけで70%。そして欧州に25%と、そのほとんどが先進国です。そしてわが家が買い始めてから基準価額はこんな風に推移してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年末から、基本、右肩上がりで値が上がっていきました。わが家は毎月1万円このファンドに積み立て投資し、3年近く投資した元本の合計は47万円でした。売却したとき、それがどうなっていたかというと・・・

このファンドで3年積み立ててきましたが、今月20日の時点で12万円以上の利益を出してくれました。そして売却した先週金曜日には、もう少し基準価額が上がっていたので、プラス13万円の利益が出た状態で売却しました。

元本とあわせると60万円。NISA口座で運用していたので、非課税です(*^-^*)

これにトルコリラの口座より10万円出して、合計70万円になりました。豪ドル・円でのFX自動売買が始められそうです。

投資信託を小分けで持つメリット

話を元に戻しますね。

わが家のようなやり方で投資信託を持つ場合、ファンドを複数持つメリットって何なのでしょうか?

今回わが家ではこんな風に考えてみました。

たとえばひとつのファンドを決めて、そこだけに集中して投資していきます。とすると、もし何かの機会に「ちょっと大きなお金が欲しい!」となっても、貯蓄を崩せない場合、この投資信託を切り売りしなければなりません。

投資信託はかけている元本が大きければ大きいほど、利益が出たときにその収益の幅が大きくなります。

となると、なかなか切り売りするのって嫌じゃないですか?

しかし投資信託を小分けで持っていると・・・

そう、一つをバシッと放出してしまえばいいのです。

これだと切り売りにはならないので、心理的な負担がありません。

残ったものについては引き続き年月をかけて、育てていけばいいのです。

金銭的には、変わりはないのかもしれません。しかしながら、この心理的なメリットはけっこう大きいなと。今回、売却してみてよくわかりました。

まとめ

ご存じのように、投資信託は低リスク・低リターンの商品です。お金を失うリスクは低いものの、リターンもそれほど大きくありません。

投資の初心者が、はじめの一歩として、取り組むのにはとてもいい投資法だとわが家では実感しています。

ただわが家のようにその後、もう少しリターンをねらった別の投資に移行する、ということを考えている人にとっては、ひとつのファンドよりも複数のファンドを小分けにしてもっていたほうが便利です。

新たな投資でお金が必要になったとき、すぐに種銭(元本)となってくれるからです。

◆投資信託を複数持っていると・・・

⇒新たな投資でお金が必要になったときの「種銭」になる!

特にわが家は、ひとつのファンドにつき毎月1万円を給与から積み立て投資しています。何年か寝かせれば自然とお金が積み上がり、まとまったお金になります。

さらに景気がよく株価が上がれば、投資の効果でさらにお金が増えています(*^-^*)

そのお金をまた新たな投資にあてていく。

ということで、わが家では、引き続き複数のファンドを育てていきますよ♪

今回、アメリカやヨーロッパなど世界経済の株式市場に連動する銘柄を売ってしまったので、また似たような新たな銘柄を探すつもり。またご報告していきますねー。

 

◆投資信託のわが家の運用状況です

あわせて読みたい
投資信託
【実績公開】今月も投資信託に4万円 NISAの成績は?ことしで4年目となるAko&シソビ家の投資信託の成績を公開しています。毎月1銘柄に1万円ずつの投資で、トータルリターン23%超えを維持。買い付けのコツもあわせてご紹介。...

 

◆投資信託で知っておいて欲しいことをまとめています。

あわせて読みたい
投資信託
【解説】投資信託で知っておきたい!最低限のポイント投資信託のリターンの仕組みって知っていますか?基準価額とは?取得金額とは?これから投資信託で投資をしようという人が、ファンドを買い付けたときに、どこを見ていったらいいのか?解説しています。...