投資信託

【解説】投資信託で知っておきたい!最低限のポイント

投資信託

みなさん、こんにちは。投資の運用はいかがでしょうか?

この記事では投資信託を始めるにあたって知っておきたい、最低限のポイントをおさえていきます。

Akoさん
Akoさん
投資信託は本やネットでいろいろ情報がのっているけど、それでも知っておいたほうがいいことってあるの?
シソビ
シソビ
でもね、意外と知っておいたほうがいいことが書かれていない、という気もするんだよね。

わが家は投資信託を始めて3年になりました。それまでいろいろな本やブログを読んで、少しずつ知識を増やしきました。

だけど多くの本を読んでも、投資信託の基本である「基準価額」や「取得金額」のこと、そもそも「利益」はどうやってカウントされているのか?など投資信託の仕組みについて、意外に「書かれていないな~~」という印象です。

たとえばこれから投資信託を始めたいという方。

投資信託の利益ってどうやって算出するか、ご存じですか?

この記事では、投資信託を続けていく上で、知っておいたほうがいい最低限のポイントをお伝えしていきます。

知っておきたい!「基準価額」と「取得金額」

投資信託には数千ともいわれるいろーんなファンド(銘柄)があります。

その中からみなさんは、「よし!このファンドに毎月1万円ずつ積み立て投資」していこうと、ファンドを決めて購入しますよね。

購入した投資信託は、こういう画面で買い付けた様子を見ることができます。

 

 

 

 

 

 

画面はわが家が愛用しているSBI証券の画面です。ここの3つを見てください。

まず知っておきたいのが「保有口数」です。

投資信託のファンドは、基本的にこの「口数」で表されます。保有口数とは文字通りあなたがファンドを買い付けて、あなたが保有している口数です。

ファンドのその日の価値を表す「基準価額」

そして投資信託では、この口数の価格を1万口あたりの価格で表示します。そしてその日の価格が「基準価額」と呼ばれるものです。

たとえばこの画面の「ひふみプラス」の画面を見てみると・・・

基準価額が41,376円となっています。これがひふみプラスのこの日の1万口あたりの値段です。

投資信託では、基本的にこの価額が市場で取引のある、月~金で1日1回動きます。

基準価額とは・・・

・ファンドの評価額(1万口あたり)
・1日1回変動する

あなたが保有するファンドの価値を示す「取得金額」

続いてが「取得金額」。ここでは「取得単価」となっています。これがあなたが買い付けたファンドの1万口あたりの平均取得単価です。

買い付けには・・・

◆大きなお金を投資して、一度にファンドを買い付ける

◆少額のお金を分散投資して、少しずつファンドを買い付ける

などいろんな買いかたがありますよね。

たとえば2番目の「お金を分散投資して買い付ける」をすると・・・基準価額は日々変動して動いていますので、自分が持っているファンドは平均いくらで買ったのか?わからなくなってしまいます。

それが一目でわかるのがこの「取得金額」です。

わが家のように毎月1万円の積み立てをする人にとっては、この「取得金額」がとても重要になってきます。

取得金額とは・・・

・あなたのファンドの平均取得単価
・積み立て投資をする際、重要な指標となる

ファンドの利益はどう計算するか?

ファンドのリターン(いわゆる利益)は、この基準価額と取得金額の差額から導くことができます。

たとえば先ほどのひふみプラスの例を見てみると・・・・

基準価額が、41,376円。取得金額が、32,635円です。これを次のように計算します。

◆41,376(基準価額)-32,635(取得金額)=8,741

⇒ 8,741は、一万口あたりの差額。これを保有している口数で乗じると・・・

◆8,741×8.2734(保有口数)= 72,317円

右端の「評価損益」と一致しましたよね。

投資信託のリターンはこの「基準価額」と「取得金額」から導きます。ただここには実際売却する際の手数料が含まれていません。

あくまで参考程度にするのがいいかなーと思います。

ちなみに楽天証券では投資信託の画面はこのように表示されます。

 

こちらはAkoが最近はじめたつみたてNISAの画面です。

基準価額が「現在値」として示され、41,032円。平均取得金額は、42,297円。保有口数は11,821口ですね。

こちらのリターンは・・・

41,032-42,297 = -1,265

-1,265×1.1821(一万口あたりの口数)=-1,496円

とマイナスになっていますー。

基準価額が安くなった時が、仕込みどき!

投資信託のリターンは、基準価額と取得金額の差額から導くことができるとわかりましたね。

ということは、リターンを増やすには・・・

◆ 取得金額<基準価額= ✘円
<重要>この差額が大きいほどリターンが大きくなることに!!

じゃあ、取得金額をどうすれば低くできるか?これは安いとき、株価が下がったときに、ファンドを多く買い付けることです。

基準価額が低いときに多く買い付ければ買い付けるほど、取得金額が下がっていきます。

今、日本の株価は比較的堅調な流れです。

こういうとき、わが家はおとなしく毎月1万円ずつ積み立て、株価が右肩上がりになるのを祈りつつ・・・

もし、何かのきっかけで大きく株価が下がったときのために、現金の貯蓄を増やしていっています。

そして、株価が下落し、ファンドの基準価額が下がったときに・・・増資して口数を多く増やしていく!

それがわが家のような積み立て投資の資産運用で大事なことかなーって思っています。

 

◆投資信託の考え方は、こちらも知っておくと損はないです♪ぜひ、どうぞ↓

あわせて読みたい
投資信託
投資信託は複数のファンドを持つのがいい、という結論。投資信託の分散投資のメリットについて考えています。特に投資初心者の人は、まず投資信託で資金を作って投資に慣れてから、新たな投資先に資金を注入していくのが便利だなーと。その資金作りの上で有効なのが、投資信託の分散投資です。誰にでもわかるように解説しています。...